読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

内定来ないからって焦らなくてもいいよ

とうとう明日は6月1日、採用面接の本格的なスタートの時期です。

 

こんにちは。ルーサクです。

 

誰か特定の人に向けて書くとかそんなつもりはないのですが、とりあえずきりが良いので今日投稿します。

f:id:lusaku-lzot5:20160530230223p:plain

 

 

就活って思い通りいかない。

就活って中々思い通りにいかないと思うんです。

 

就活は今までに経験した20年間のなかで最もうまくいかないことかもしれません。

受験に似ていますが、受験でも倍率はせいぜい3倍から高くても10倍くらい。

一方就活に至っては10倍から100倍、1000倍と全くの別次元。

それに運や縁やらが影響するわけですからそりゃうまくいかなくて当然です。

 

第一志望の会社に行ける人なんて数%もいないのではないでしょうか。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225056p:plain

 

内定が出る時期は人それぞれ

特にこの時期ですと内定を複数持っている人もちらほら。持っていない人は焦ったりするかもしれません。

 

でも実際、ふたを開けてみればすでに内定を持っている人は大量に内定を出しているところからもらっているだけであったり、単にたくさんの会社にエントリーしているだけであったり、あるいは内定の出る時期が違うだけだったりします。

 

本来、内々定が出始めるのが6月1日以降、そして大手でも2次募集はやりますし、今この時点で内定を持っていないっていうのは決しておかしくないことです。

 

むしろこれからが本番。頑張ってください!

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225134p:plain

 

 

就活に失敗はない

私は就活に失敗はないと考えています。

失敗はないは言い過ぎですが、行くべきところに行くようになっていると考えています。

内定が出る会社ってその人に合っているんです。

内定が出なかったら一度踏みとどまって他の何かをしたほうがよいのかもしれません。

 

私は「就職留年」というものが自分に合っていたのかなと思っています。

その間に自分に足りないものを身に着けることができ、それから社会に出ることができた。正解だったなと。失敗のようで失敗ではなかったなと。

 くどいようですが私の激動の就活体験記↓

blog.lusaku.jp

 

ゲーム業界へ行きたいあなたへ

ゲーム業界で働くことが正解なのか。

私はゲームが大好きで、ゲーム会社で働くのが楽しいです。

ただゲーム好きな人、みんながみんなゲーム会社で働くことが大事かはわかりません。

 

やはり悪いところも多くある業界ですし、自分も100%あっているとは思いません。この業界苦手だなと思うこともあります。

 

ゲーム会社に落ちたのもゲーム会社で働くことが合わないからかもしれません。

単純にユーザーとして楽しんだほうが幸せなのかもしれません。

物事を前向きに考えることが大事です。

 

自分が行く他業界のほうが自分の力を発揮できるかもしれませんし、その業界でゲーム会社とコラボして仕事をすることもあるかもしれません。

 

何より自分が内定出た場所が自分に合っているのだと思います。

もし内定が出なかったら、普通の就活が合わないだけで他の道を探すのもありかもしれません。ただその際は適当に探さず、本気で探してください。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225342p:plain

 

それでもゲーム業界で働きたい人へ

どうしても何が何でもゲーム業界で働きたいという人へいくつか提案

といっても以下の提案は福利厚生の面、お金の面、自分の人生で費やす時間などを考えるとリスキーなものばかりですから、よく考えてから行動に移しましょう。

どこでもいいからとりあえず入る

ゲーム業界は転職の激しい業界ですし、名も知れぬゲーム会社にとりあえず行って、そこで結果を出し、希望の会社へ転職するという方法はとれます。

 

会社にこだわらずとりあえず入るのであればテスターといったバイトからでも問題ありません。今でもバイト上がりのゲーム会社勤務の人間は少なくありません。

バイトしながらゲームのことを学べますし。そこから別の会社を受けるという手もあります。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225539p:plain

 

専門学校に入りなおす

実際会社内を見るとそのような人はいます。珍しくないです。

 

時間はかかりますが、大学卒という学歴を持ち合わせ、専門的な能力も持っているという特異なステータスを持つことができます。

 

もちろん親と相談ですね。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225611p:plain

 

就職留年

私がとった方法です。

決しておすすめはできません。

就職留年に関してはまた詳しく書くかと思いますが、留年している間にゲーム会社で働くにあたって活きること(ゲーム制作、インターンシップ、プログラミングの勉強など)をする、なぜ自分が1年目で失敗したのか原因がわかっている、こういった条件のときのみ、本気で就活をもう1度したいと思ったのならば挑戦する価値はあると思います。

 

もちろん就職留年した時のプレッシャーは大きいですし、いろいろと覚悟が必要となるでしょう。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160530225836p:plain

 

最後に

この記事を投下するタイミングは悩みました。

7月や8月ころだと、

「この時期に内定が出ていないってことは就職留年とか考えたほうが良いのかな」などと思われるのはいやだなと思いまして。ただそのせいで投下タイミングが遅れるのも避けたかったですし。

 

これから就活本格化を迎える就活生に頑張ってほしいと思って書きました。

 

うまくいかなくてどうしよう、となったらまたこの記事を見に来てくださってもかまいませんし、就活相談だって受け付けています。

 

まずは内定が出なかったらどうしようとか考えず、目の前の面接に集中して頑張ってください。応援しています。