ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

内定後の過ごし方おすすめ、入社前にするべきこと(ゲーム会社編)

本日はゲーム会社から内定をもらった人へ向けて書く記事です。

まだ6月1日なのでこれから面接だ!という人はぜひ頑張ってください。

 

そしてすでに内定をもらっている方、ゲーム会社の内定おめでとうございます。

 

ついでにこちらも何かあれば

 

ゲーム会社って激務なこともあります。

好きでもないゲームを遊んだり、作ったりしてゲームが嫌いになることもあるかもしれません。

それでも好きなゲームのために頑張る、そういったものが常にあるので頑張れる。そんな業界です。

 

ということでそんな特殊な業界に入る方へ向けて「ゲーム会社の内定をもらってから入社前にしておきたいこと」というのをいくつか紹介したいと思います。

 

 

ゲーム売り場でバイトをする

「学生時代にやっていなくて後悔したことは?」と聞かれたら真っ先にこれを答えます。

地元のゲーム屋でも良いですし、家電量販店のゲームコーナーでも構いません。可能であれば電車で通ってもいいから秋葉原にあるような大きなお店で働くことをお勧めします。

f:id:lusaku-lzot5:20160531224047p:plain

 

なぜこんなに勧めるかというとかというと、このバイトをすることでゲームの市場の流れがわかるから。

 

どのようにゲームの仕入れ数が決まり、ゲーム会社と販売店がどのように関わるか。発売のどれくらい前から宣伝に力が入ってくるか、どのゲーム、どのゲーム会社がどの程度の規模でプロモーションを行うのか。そのようなことがわかります。

大型の店舗ですと体験会イベントなどに参加できるかもしれませんし、あわよくばプロデューサーとかと会えるかもしれませんしね。

事務職、特に営業をやる人はぜひやっておいてもらいたいですし、一見関係なさそうな開発職の方もゲーム売り場でバイトをすることで視野が広がると思いますのでお勧めします。

 

 

自社のゲームを遊ぶ

考え方にもよりますが、自社のゲームを遊んでないと恥ずかしいですし、胸を張れません。

任天堂大好きな私は現在働いているゲーム会社の作品をほとんどやらずに入社したため、「あれっ君は御社のあの有名な作品やっていないんだ」となることもあります。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160531224422p:plain

もちろんそういった人は少なくないのですが、せめて自社ゲームの有名どころは遊んだほうが良いと思っています。

特に続編が出ているゲームに関してはゲームを作るにしても、事務職で売るにしても知識は必要になってくるのでそういった意味では遊んでおく必要があります。

 

 

有名なゲームを遊ぶ

そして自社ゲームを遊んだだけでは相対的に良いゲームなのか、悪いゲームなのか、どこが改善点なのか把握できません。

またゲームのシステムを説明するときに有名なゲームを遊んでおくと表現の幅が広がります。

例えばポッ拳を説明する際に

「鉄拳のような格闘ゲームよりも、3D空間を自由に動ける様は同じバンナムナルティメットストームに近いです。」といったような説明ができますし、逆にそのような説明をされたときに理解できます。

f:id:lusaku-lzot5:20160531224551p:plain

これは事務職でも開発職でも同じです。

 

もちろんゲームに好き嫌い、得意不得意はあるので、自分には合わないなと思ったゲームは無理に全部クリアしろとは言いませんが、実況動画をある程度見て勉強するといったこともお勧めします。

 

遊んでおくべきゲームというものはいつかブログ内で紹介したいかなと思います。

 

 

イベントに足を運ぶ

イベントというのはニコニコ闘会議やコミケ、ゲームショップでのイベント、大会、オーケストラやライブなどなどです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160531224645p:plain

どの程度熱狂的なファンがいてゲーム会社がどれだけ盛り上げたがっているのかなどが分かります。単純に仕事へのモチベーションも上がりますし、もしかしたら気の合う友達ができるかもしれませんし。

あるいは内定の出た同期と一緒に行くのも良いと思います。

 

特に遠くで開催されるイベントや地方のお店などに行けるのは時間のあるこの時期くらいかと思います。ぜひ積極的に活動してみてください。

 

 

創作活動をする

開発職の方はさんざん作品を作っているかと思いますが、自分の好き勝手にゲームを作れる機会というのは学生のうちだけです。勉強も含め自由に作品を作っておけたら良いかと思います。

 

また事務職の方は何か作品を作る機会があるとしたらここが最後かもしれません。

ややハードルは高いですがプチコンなどで簡単なゲームを作っておくだけで「ゲームがどのように動いているのか」理解できるのでお勧めです。

 

 

 

私はゲーム作りの代わりに実況動画というものをやりました。

実況主の方はこれだけ大変なことをやっているのかと驚くばかりでした。

本腰を入れることはできなかったのですが、実況者に対する見方は大きく変わりました。

 

 

好きなことをする

一番よく言われるのはこれですね。

社会人になると時間が無くなるから今のうちにできることをしておきなさいと。

 

個人的には働き始めてからもしっかりとゲームは遊べていますし、イベントなども行けているのでここは「学生のうちに」というよりも「家族ができる前に」みたいなイメージはありますが。

 

学生時代を謳歌してくださいといったところです。

ただその一環としてゲームに関わる何かに挑戦できたらいいのかなと思っています。

 残り10か月、大事に過ごしてください。

 

関連記事

blog.lusaku.jp