読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

妖怪三国志評価・感想~妖怪ウォッチ3との連動もある、8割近くが妖怪ウォッチなシミュレーション

ゲーム感想

妖怪ウォッチ×三国志

レベルファイブ×コーエーテクモゲームス

日野晃博×シブサワコウ

奇跡のコラボレーション作品をクリアしたのでその感想です。

 

ポケモン+ノブナガの野望がいまいち振るわなかったこともあり注目していた作品。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160604134547p:plain

 

 

概要

対応機種:3DS

ジャンル:シミュレーションRPG

目安プレイ時間:シナリオのみなら15時間程度。クリア後クエスト等やりこみ要素は豊富

 

あの大人気シリーズ、妖怪ウォッチが歴史ある三国志シリーズとコラボした作品。開発はコーエーテクモ

子供でも遊べるシミュレーションを目指して作られた作品です。

 

国とり(町の施設が国にあたる)を行うシミュレーションと妖怪たちが戦うシミュレーションRPGのパートがあります。

 こちらがシミュレーションパートで

f:id:lusaku-lzot5:20160604134808p:plain

 

こちらがシミュレーションRPGパート

f:id:lusaku-lzot5:20160604135001p:plain

 

ジバニャンたちおなじみのキャラクターの魅力がそのまま。

ゲームシステムは「三国志」に近く、それ以外はほぼ妖怪ウォッチのまま。

ケータ君はほぼ登場しないものの、ウィスパーとジバニャンのノリの軽い会話、おなじみの技、必殺技モーション、妖怪と友達になるシステムなどなど、とにかく妖怪ウォッチが好きな方ならのめりこめる内容になっています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160604134844p:plain

それにしてもジバニャンはかわいいけどおっさんくさかったり、黒いところもある憎めないキャラしているなと思います。名探偵ピカチュウピカチュウに似ているかな。

f:id:lusaku-lzot5:20160604135057p:plain

blog.lusaku.jp

 

シミュレーションの入門口

今作のコンセプトとして「シミュレーションを初めて遊ぶ方でも楽しめるように」といったものがありました。

というのもターゲット層的に妖怪ウォッチは子供がメイン、シミュレーションはやや大人向けという乖離があったからです。

 

その解決策のために生まれたのが「おすすめ移動」

要するにAI機能です。どこに動かせばいいかわからないときに役に立ちます。

というよりもAボタンを連打しておくだけでも進めることができるといってもいいくらいのものです。AIで動かしてくれるのを見ながらシミュレーションRPGの遊び方を学べる点が優れています。

f:id:lusaku-lzot5:20160604135135p:plain

そしてやはり妖怪ウォッチの要素、妖術やとりつきといったものがあるため理解しやすい仕組みになっています。

f:id:lusaku-lzot5:20160604135221p:plain

下画面は妖怪ウオッチ臭プンプンですね

 

シミュレーションRPGのターン制、行動範囲、攻撃範囲というものを抑えていますし、入門としては良いのではないかと感じました。複雑な要素は入っていませんし。

一つ改善点を挙げるとすれば、敵の攻撃範囲がわかりづらいという点。ビッグボスが必殺技を放ってくるときは攻撃範囲が表示されるのですが、それ以外は自分で計算しなければならないという点です。ここだけ遊びづらかったなと。

 

そして国とりなどのシミュレーションの部分は妖怪ウォッチでおなじみのさくらニュータウンをモデルにして国とりが行われます。

 

つまり三国志なら国をとりあうところを、妖怪三国志ではおなじみの施設をとりあうことになります。小学校とかを。この点が意外とわかりやすいポイントだったのではと考えています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160604135342p:plain

 

妖怪と三国志の親和性

見て分かる通り妖怪三国志ということで、妖怪ウォッチでおなじみの妖怪たちが三国志の武将の恰好をしています。妖怪の名前の後に三国志の武将が入る、例えばジバニャン劉備といった形です。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160604135429p:plain

これらがしっくりくるんです。

私は三国志の武将について詳しくないのですが、それぞれの妖怪のキャラクター性と武将のキャラクター性もかみ合っていると聞きました。ウィスパー×孔明とか好評なイメージがあります。三国志を知って入れば笑える部分もあるらしいのですが、三国志を知らない人でも楽しめる作品になっています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160604140016p:plain

が、この演出はちょっと違和感あるかな、と最後まで思っていました。

 

ちなみにオープニングは比にならないくらいかっこいいので必見。

私が遊んだことある数あるゲームの中でも抜けて印象に残りました。

ゲーム始める前にこんな映像を見させられたらモチベーションも上がります。オープニングの重要性といったものを垣間見ました。必見です。妖怪ウォッチ知らなくても鳥肌ものです。

youtu.be

 

 

まとめ

妖怪ウォッチの魅力はそのまま、妖怪ウォッチ8割三国志2割といったゲーム

・シミュレーションとして遊びやすい

・シミュレーションということは考えず、妖怪ウォッチ好きの方におすすめ

 

妖怪ウォッチ3との連動もあるようですし、妖怪ウォッチ好きな方はぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

 

 

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5