ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

転売は違法なのか~転売ヤーのビジネスが好きですけど何か?~

私は転売が好きです。容認派です。実は個人的には転売に対してプラスの感情を抱いています。

 

転売は違法か。

そもそも批判されるべき行為なのか。

最近はサブカル文化の台頭やネット上で誰でも売り買いができる環境があるので転売というのは昔より多くなったのではと思っています。

 

この記事は転売という行為が違法かというよりも、完全に個人的な見解ですのでご了承を。

 

 

 

転売は違法なのか

一応法的な話は軽くしておきます。

チケットに関しては転売しなくても、転売目的の購入でアウトになります。

しかし結果的に公演に行けなくなったため転売をすることに違法性はありません。(規約でアウトになる場合もありますが)

f:id:lusaku-lzot5:20160828181011p:plain

チケットキャンプ | 国内No1の安心チケット売買サイト

 

一方で本やCD、服など中古の品は転売することに問題ありません。

また古物商許可証というものがあれば上記のチケットなど特定の条件を除き転売目的で中古品購入しても問題ないとのこと。

 

ちなみに古物商とは一言でいえば中古品のこと。

詳しくはwebで!

古物商許可が必要な人|鈴木行政書士事務所

 

この辺りは詳しくないので何か間違っていたらご指摘のほどよろしくお願いします。

 

 

お金さえ払えば手に入る

ではなぜ私が転売容認派か説明していきたいと思います。

お金さえ払えば手に入る。こういった考えを持っています。

 

抽選販売もお構いなし~ゼルコンチケット~

例えばこの秋「ゼルダの伝説30周年記念コンサート」が行われます。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160828181244p:plain

ゼルダの伝説30周年記念コンサート | THE LEGEND OF ZELDA 30th ANNIVERSARY CONCERT

マスターシートと呼ばれる最も高価な席は12,000円

各会場の収容数は

東京1,999席×2公演

京都2,005席

名古屋2,291席

関係者席とか機材都合で使われない席とか諸々抜いて

合計約8,000席と見ましょう。

 

このうち特別な席がどのくらい割り当てられるか知りませんが、仮に10%とするとマスターシートは800席

大手チケット流通サイトで転売されているチケット(定価+手数料以上の値段のもの)は45枚の出品。(8/27時点)定価で売っている方は複数公演応募し、複数当たってしまったゼルダファンなど転売屋でないとみていいと思います。

そして転売目的で購入している人は当選から1か月半以上が経っているこれまでの間に出品しているとみていいでしょう。

ヤフオクでもほとんど出品されていませんし、他流通合わせても50枚、多く見積もっても60枚くらいの転売があったとみます。

 

仮定の話ではありますが、これはマスターシートの7.5%にあたります。

 

こう見ると「転売ヤーのせいで抽選落ちた!」という意見はあまり説得力がないように感じられます。

もちろん転売目的の購入者がいなくなれば正当な購入者のチケット入手確率は上がります。でもそれは微量でしょう。

だったらその7.5%は定価よりも高くてもいいからチケットを買いたいという人のもとへ渡ってもいいのではないでしょうか。

弱肉強食、金のあるものが勝つ世界にはなってしまいますが、仕方ないと思います。

むしろお金に関係なく運だけで勝てる枠が92.5%もあることがすごいと思います。

 

 

数量限定グッズを並ばなくて買うこともできる

また現在開催されているカービィカフェ

連日徹夜組がいたり、グッズは一瞬で売り切れるなど大賑わいを見せています。

 

例えば人気グッズのひとつマグカップ

f:id:lusaku-lzot5:20160828181520p:plain

8/27現在で定価1600円に対し、オークションの相場は4000円ほど。

+2400円であれば徹夜して並ぶコスト、交通費などを考えると安いとみていいんじゃないでしょうか。時間の節約になります。お金で時間を買う、特急券に近い考えです。

 

もちろんまとめていくつかグッズを購入する場合は話が変わってきますが、そもそも並んでも買えないリスクなどもあるので。こういったときに転売があれば個人的には安心します。

 

本気でほしいのであればその熱意を「定価以上」「徹夜コストの支払い」という行為につなげていいのではないかと思います。

 

もちろん並んで買うからこそ意味があるって方にとっては転売が邪魔というのはもっともですが、とにかくグッズを手に入れたいのであれば転売という行為はうれしいものだと思っています。

 

 

限定商品もあとから手に入る

もう一つ私が転売を容認したい理由をあげておきましょう。

 

今まで例に上げてきた即座性のオークションでなく、

「限定ものの価値が後々上がる」といったパターンです。

私はこれのおかげで自分が生まれるよりも前に発売されていたレアなゼルダグッズを手に入れることができました。

定価よりも高くはなっていますが、満足しています。

 

その限定商品発売当時に「これは後々価値が上がるだろうから転売目的で購入して後で高値で売ってやろう」と考える転売がいなかったら。私はこの限定グッズを手に入れることはできなかったでしょう。

 

転売が儲けた差額は、在庫としての保有コスト、そしてもし売れなくなった時の損失に対するリスク、これに支払われるものだと考えてよいと思います。

 

 

ただしここで問題が生じます。

本来の購入者がお金のない人間だった場合、あるいは限定グッズ購入のために徹夜や長時間並びをできない人間である場合、この弱肉強食理論は成り立たなくなります。

 

そう「妖怪メダル事件」です。

 

 

妖怪メダル転売事件

世間を騒がせた妖怪ウォッチ、特に妖怪メダルなどは入荷してもすぐに在庫切れ、オークションに出回り定価の3倍以上で取引される。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160828181837p:plain

極端な言い方をすると

大人が子供のものを取り上げ、そして子供に高額で売りつける。

そんなことをしていたのです。

 

さすがに転売容認派の私もこれはちょっと見過ごせないなと。

本来わたるべき人間の手に商品が渡らないのですから

 

というかそもそもなんで転売って起きるのっていうと、

需要と供給、そして値段が釣り合っていないからです。

 

 

企業も転売発生の責任を担うべき

簡単な話、企業が客の必要としている数の商品を提供できていないから転売が起こります。

 

もし、企業が必要とされている数の商品を用意できた場合、転売人が発生しても転売時の値段はオークション市場で元の定価に落ち着きます。というか実際にそんな事例は結構あります。

 

企業も適正な量を市場に投下する責任が伴うのだと私は考えています。

もちろん人間には「数量限定だから、手に入りにくいんだからこそ嬉しい。」という感覚はつきものなので、そういった意味で供給数を減らすのは仕方ないと思います。

 

 

直筆サイン入りの転売は…

また妖怪メダル系統以外にも許されざる転売というのはありますね。

有名人の直筆サイン入りのレアグッズなど。

 

マナー的な問題。よく本人がわざわざ用意したものがオークションに出されていると悲しむみたいな話は聞きますよね。

 

やっぱりいくら払っても欲しい人に届くという意味ではオークションに出回ること自体合理的ではあるのですが、それ以上にここはマナー的な問題を優先すべきなのかなって思います。

じゃぁ他の限定グッズは企業に対するマナーはないのかと言われたら少し難しいところもありますが、それはそもそも企業が頑張ってグッズを増やしてくださいと言わざるを得ないかなって思っています。

 

 

まとめ

正直転売には反対している人は多いかと思います。

特に自分が限定グッズを買い逃した際にすぐにオークションサイトをチェックしたら早速出品されていたというのを見たことがある人は。

 

でもそこで発想を変えれば。

もし転売がいなくても自分はその限定グッズをゲットできなかったかもしれない。

だったらやり手の転売屋に限定グッズを買ってもらい、その労力にお金を払えばいい。そう考えればいいのかなと思います。

 

やはり弱肉強食理論になってしまいますが、本当に買いたい人なら無理をしてでも買いますし、結局「転売」という行為は購入意欲が高い人のもとに商品が渡りつく仕組みなのだと私は考えています。

 

抽選だったら「なんとなく応募した人」と「そのグッズはいくら出しても欲しい人」が同じ天秤にかけられるのですから。

 

もちろん私だって転売の全てを認める気はありません。

子供向けの商品の転売や限定グッズを並んで買うことに価値を見出している人にとっての転売。あるいは転売が認められるべきでない場合は批判されても仕方がないとは思います。しかしだからといって転売の全てを批判するのはどうなのかなって個人的には思います。

 

追記

basement-times.com

転売の問題点にしっかり言及できている記事。

ほしい人に買わせるのではなく、安かったら買うという人にも買わせることでファンを増やすという意味では転売は悪という点に非常に納得した。

 

私の考えは短期的な利益などを考えた場合の話、上記の記事は長期的な目線を持った考え方。

アンサー記事的なの書こうか悩み中ですがかなり負担になりそうなので余裕があれば書きたいと思っています。

 

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@morimasa_n0812