読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活レポからゲーム会社に就職したブログ

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

初めてブログを訪れてくださった方にまず読んでほしい記事はこちらから!

おすすめ記事↓ゲーム会社を模したキャラクターたちが活躍中

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

就活って何ぞや

就活全般

世間で『就活』というワードを聞くことは多いものの、その実態を知らない方は多いかと思います。

 

世間で言われる『就活』って一般的に新卒一括採用のことを指すかと思うのですが、時代によって色々違うと思います。

バブルの時期、リーマンショックや3.11の就職氷河期スマホを持っていないとお話にならない就活期。

 

私も過去の『就活』に関しては良く知りませんし、逆に『就活』をしたことがあっても今の『就活』を知らない人は多いかと思います。

 

またまだ就活をする年でなかったり、一般企業に就活するのと違う道を進んだ方もいるかと思います。

 

ということで今回は自分の就活レポが少しでも分かりやすくなるようにと思いまして、今どきの『就活』について軽く説明しておきたいと思います。

子供が就活を控えているんだけどって親御さんとかにも読んでもらいたいですね。

 

 

まず【プレエントリー】

企業に個人情報を登録するわけです。連絡先とか、学校の情報とか、所属サークル、部活、研究会とか、海外経験とか、持っている資格とか。

これをすることで企業から説明会の案内などが届くようになります。

ちなみに任天堂の会社案内のパンフレットは無茶苦茶デザイン素晴らしいものです。会社説明のパンフレットにあんなにお金をかけている会社は他にないかと。

 f:id:lusaku-lzot5:20150825010333j:plain

これが表紙。中身も素晴らしいのですが、さすがに遠慮しておきます。 

 

会社説明会

これは行かなくても大丈夫であったり本エントリー後であったり、やらなかったりすることもあります。 これの予約争いが激しいのなんのって。予約開始5分後には満席とか酷い時にはあります。 だから就活生は解禁と同時に急いでプレエントリーをして説明会の申し込みをするわけです。

 

その名の通り会社の説明です。様々なパターンがあるので割愛しますが、企業方針や事業内容とか説明したり、座談形式(5人くらいの学生と1人の社員が話す)であったりします。

 

 

ちなみに任天堂は岩田社長が“直接!”会社説明をしてくれました。あの規模の会社で社長が出てくる会社は少なくとも私は他に知りません。しかも何万人もの学生のアンケートちゃんと見ているとか。ちなみに待ち時間にはゼルダ25thオケのCD流れていたりとか。

 

まぁゲーム会社の説明会は面白いです。スクエニの会社説明動画とかクリエイターの方が本気で作っているので、私は感動して泣きました。

 

 

 

【エントリー】

エントリーシート通称ESを提出するわけです。

志望動機だったり、自己PRだったり。ゲーム会社でプランナーを希望する場合はゲームの企画書を出す必要があります。

好きなゲームとその理由も書きなさいといった質問があったりもしますね。

 

 

webテスト

通称webテ。プロセス的にはESの提出と大抵同時です。インターネット上で試験、計算問題や文章問題、会社によっては英語があるわけです。それと性格診断。思い立ったらすぐ行動するタイプである。はい/いいえ みたいな。そもそもwebテが無いところもいくつかありますけどね。

パソコンで期限内ならいつでも受けられるためカンニングはし放題です。回答も出回っているようですし、他の人にやってもらう人もたくさんいます。正直この仕組みはどうなっているのかよく分かりません。 全然できなくて通ることもあれば逆も然り。

 

 

【面接】

ES、webテが通ると企業からメールが届き面接を予約します。 ちなみに通らなかったら

残念ながらルーサク様は当社の~~のため不採用になりました。ルーサク様の今後の健闘を心からお祈り申し上げます。

とかいういわゆる“お祈りメール”というのが届きます。聞いた方もいるのではないでしょうか。ちなみに不合格者にはメールを送らない“サイレントお祈り”というパターンもあります。

 

面接も最初は集団面接、つまり面接官1人に対し学生複数人であったり、グループディスカッションをしたりするところが多いです。

 

グループディスカッションって何かお題を出され、それについて討論し、発表するっていうパターンが多いです。

お題の例としては「学生の必需品を3つあげよ」とか「サッカーの人気を上げるにはどうすればいいか」とか様々なものばかりです。

ゲーム会社は何かを企画せよみたいなものが多かった気がします。

 

それに通ると個人面接があります。最初から個人というところもあります。これが複数回続き内々定という事になります。

業界にもよりますが3回のところが多いかと思います。

 

ちなみに内定でなく内々定なのは、内定を出していいのは入社式の日なので、それまでは内々定という事で学生を囲っとく訳です。

 

 

ざっとこんな感じですかね。

 

『就活』を知らない方にも私の就活レポを読んでもらいたいなぁと思って書いてみました。

 

ではまた。