読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

インテリジェントシステムズの就活レポ~FEを作った開発ツール出身のゲーム会社~

バンブラ音ゲーというよりも音楽ツールをゲームにしたものだそうです。

そして手ごわい戦略シュミレーションからの手ごわい恋愛シュミレーション。

今回はそんな大合奏バンドブラザーズファイアーエムブレムを手掛けてきたインテリジェントシステムズ、通称イズの就活レポです。

 

KLabに引き続きまたまたややマイナーな会社。ただインテリジェントシステムズ(以下イズ)をファイアーエムブレムを作っている会社として知っている方もいるのではないでしょうか。

今ではこうしてゲームを作っているものの、元々はゲームを作るための開発ツールを作る会社としてスタートしました。

そして今でもこの会社が作っている開発ツールは多くのゲーム会社に使われているとか。

 

任天堂とは資本関係はないものの、かなり密接な関係にあります。どっちも京都ですし。

 

ということで京都までわざわざ説明会行ってきました。イズと任天堂のために。

 

 

ただこの会社、私は書類で落ちているのであまり込み入った話はできません。

説明会のレポということになります。ご了承お願い致します。

 

概要

 イズといえばファイアーエムブレム、大合奏バンドブラザーズメイドインワリオ引ク押スといったソフトに加え、開発ツールの作成を担っている会社です。

 

 

 

本社は2013年に建てた新しいもので、任天堂の本社から5分くらいのところにあります。

 

建物にはISのロゴ。isでソフト、ハード、ネットワークを表す三角形をつくり、3つのジャンルで頂点を目指すというもの。点からスタートするというイメージ。

エンジカラーは濃い赤(情熱・。エネルギー)を表しているそう

f:id:lusaku-lzot5:20150908001836j:plain

 

f:id:lusaku-lzot5:20150907235133p:plain

見にくくてすみません。

ISのロゴです。

 

本社の入口にFE25thのポスターがあったり、説明会会場の部屋、右手に歴代FEのポスター、左手にその他のタイトル。ペーパーマリオスーパーシールだったりマリオカートアドバンスだったり、それもイズが関わっていたのか!?というタイトルも結構ありましたね。顔トレとかね。

 

ちなみにその頃日本では未発売だったSTEAMの海外版ポスターを取り出して宣伝もしていましたね。

 

あとはマロのぬいぐるみが置いてあったり、FEのカードゲームなどからも分かるよう、最近はゲーム以外のことにも力を入れている…というか人を楽しませられれば。といったところ。

 

特にファイアーエムブレムに関して、覚醒からキャラゲーになりつつあり、声優であったりグッズであったりとサブカル的な要素が強くなってきています。コミケにも出展していますし。

そういった意味での成長度では今後も期待できます。

f:id:lusaku-lzot5:20150908002041j:plain

ファイアーエムブレムifのワンシーンで、恋愛シュミレーションと言われてしまう訳

結婚というシステムのおかげでこんなプロポーズシーンが出来たんです。 

 

説明会~開発ツールの話~

 元々開発ツールを作っていた会社がゲームを作ったみたいな会社であって、今でも業界内でその信頼はゆるぎないものだそう。

 

特に印象に残ったのがバンブラのことをゲームのような音楽ツールのようなものと表現していたこと。ツールで遊ぶソフトみたいなことも言っていましたね。

開発ツールを作っている会社だからこそ生めたソフトなんだなと納得。

 

 

 

ES(エントリーシート)~プランナー採用~

ただこの会社、総合職の応募が無く、プランナーで応募したのですが、採用予定人数は1人。

大体大手以外のゲーム会社は総合職での応募がないためプログラミング、デザイン、音楽などの技術がない文系の人間はプランナーでの応募になります。

 

書類選考でゲームの企画書を書かされるのですが、やはり専門学校の人や映画サークルなどモノづくりの経験がある人の方が圧倒的に有利です。

もちろん何も経験がない人でも可能性がゼロという訳ではないのですが、この会社のような中小企業では採用数も少ないので経験ゼロの人はなかなか厳しいものがあります。

 

ちなみに作品の量による熱意というのは結構大事だそうです。

もし制限がなければできるだけたくさんの作品を送ることをお勧めします。

ま、この会社の企画書は5枚程度のものを2作品という制限付きなのでそういったことは厳しいですが。

 

例えばプラチナゲームズの選考では10本の企画書を用意しないといけないとか。

企画書が使いまわせることもあるので出来るだけ早めにたくさん用意しておくことをお勧めします。

 

blog.lusaku.jp

 

おわりに

ゲーム会社の中では任天堂と同様、ホワイトな部類に入りそうです。

社員130名でコンパクトですし、他の業界と比べても福利厚生はかなりしっかりしている。

 

社員間のやりとりを見ていても楽しそうでしたし、今まではイズに対しどんな会社なのだろうと知らない部分が多かったのですが、この説明会にて志望度が一気に高まりましたね。

ま、落ちたんですけど。

 

でもファイアーエムブレマーではあり続けますから。

今度このブログで私のFE歴について語ってもいいかなと思っています。全作プレイしていないぺーぺーですが。

お勧めの作品はもちろん『ファイアーエムブレム 覚醒

特にファイアーエムブレムをやったことない人にお勧めします。

スマブラでも活躍中のルキナルフレが出てくる作品です。

ファイアーエムブレム 覚醒

ファイアーエムブレム 覚醒

 

 

 就活レポリンク

就活レポ カテゴリーの記事一覧 - ゲーム業界就活レポからのゲーム業界を語るブログ

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5