読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

セガの就活レポ~復活のセガブランド~

 

私「セガの課題は何ですか?」

里見社長「80年代、90年代のセガブランドに甘えていることです。」

 

ゲーム会社大手のセガの就活レポです。

 

本格的にセガの就活レポに入る前に、セガの歴史とセガのグループ構成についてさらっと紹介しておきます。

 

f:id:lusaku-lzot5:20150920042536j:plain

セガといえばソニック

私はセガのゲーム、セガのキャラクターが出てくる作品はスマブラしか持っていないのです。

 

セガの歴史

最初のスタートは1951年、ジュークボックス(硬貨を入れて選択ボタンを押すと自動的にレコードがかかり、好きな曲が聴ける装置)の納入・メンテナンス会社でした。

ちなみにコナミのスタートもジュークボックスからです。

 

80年代にはアーケードゲームアミューズメント、ゲームセンターなどで実績を伸ばしていきました。

ゲームセンターでおなじみの『UFOキャッチャー』。こちらはセガが開発したものであるため、UFOキャッチャーに似た様なものがセガ以外のゲームセンターにあったとしても正式にはUFOキャッチャーとは呼べないとか。クレーンゲームと呼びます。

同じく『プリクラ』(発売時の正式名称はプリント倶楽部)もセガの開発のもので、商標登録してあるため、似たようなものがあってもプリクラとは呼べず、プリントシール機などと呼ぶしかないんです。

 

90年代にはソニックバーチャファイターといった今でもおなじみのIPが生まれていきます。

ここまでが冒頭で述べた80年代、90年代のセガブランド。

社内ではセガだから大丈夫だろう、他社も相手にしてくれるだろう、売れるだろうみたいな甘えががあるみたいです。

 

しかしこのセガブランドを失っていった時期。

90年代後半のゲームハード機参入&失敗。

最近話題のせがた三四郎ことセガサターンドリームキャスト。PSや64とのゲーム機戦争で負け、2001年には完全撤退。そしてその後にパチスロのサミーと統合。これが2004年。

 

これがのちのグループ再編へ、直近の話ですね。2015年には持ち株会社制となり、コンシューマーゲームソーシャルゲームなど部門によって分社化しました。

その影響もあったのか今年は新卒採用のスタートが無茶苦茶遅かったです。

 

 

グループ構成

 

f:id:lusaku-lzot5:20150920043621p:plain

いわゆるソニック龍が如くのような家庭用ゲーム機を作っているのは

セガサミーホールディングス』の中の『セガホールディングス』の中の『セガゲームス』の中のセガコンシューマオンラインカンパニー』です。

セガネットワークス』はモバイルゲームを作っています。

 

こんな感じです。

本当はもっとたくさんありますし、アトラスなどの関連会社を含むととんでもないことになります。

主要なところをピックアップしました。

 

これら、そしてこれらのグループ会社で

ゲーム、パチスロアミューズメント(ゲーセン)、玩具、レジャー(ホテル、ゴルフ)など本当に様々なことを行っています。

 

会社説明会&筆記試験&グループディスカッション

私が応募したのはセガホールディングスセガゲームスコンシューマオンラインカンパニー、セガインタラクティブの3社合同採用というもの。

就活が解禁されるのが3月からなのに2015年4月からグループ再編の関係か全く就活に関して動きが遅く、採用サイトには6月上旬公開予定とか。

いやいやもうその時期って内々定出しちゃっている会社だってあるわけですから。

 

で  6月上旬。採用サイトに変化なし。

一応6月中旬、採用サイト確認するも変化なし。この会社採用する気あるのかよと思っていたら

遂に6月下旬、採用サイトから会社説明会兼選考会のお知らせが。

ようやく来たかと思ったらすでに予約は満席。

こんなんでセガに落とされて、というかそもそも選考に参加できないなんてたまったもんじゃねぇと思い、ここでFire FoxのCheck 4 Changeというツールを使う。

これは設定すればサイトに何か更新情報があればアラートで教えてくれるというツール。

私はこの説明会のキャンセル待ちをこのツールで行いました。

ようするに満席表示の説明会予約画面にしておいて、そのページに更新、つまり満席の表示が空席に更新されたらアラートが鳴るというもの。

そういった努力の甲斐もありなんとか7月上旬の説明会兼選考会を予約することが出来ました。

 

このテク、就活生なら特に覚えておいた方がいいテクですよ。ゲーム業界を目指すか否かに関わらず。

Fire FoxのCheck 4 Changeです。

 

 

そしていざ説明会。

 

グループ制の話もあったのですが先程の通りなので割愛。

 

Value 創造は生命

Mission 感動体験を創造し続ける

Vision Be a Game Changer~革新者たれ~

 

この企業理念に感激しました。

自分と考え方似てんなと。

 

今のゲーム業界ってどうして似たようなゲームが多いんですよね。特にヒットしているのって。

やっぱその現状を打破するには『革新』が必要だし、『感動体験』は必要だと思っていたんです。

 

あとセガのどなたの言葉かは忘れてしまったのですが、

豊かな生活にゲームは必要ない

豊かな人生にゲームは必要

っていう名言も飛び出ました。

 

で、この説明会は選考会も兼ねているため同日に筆記試験とグループディスカッションがありました。

このグループディスカッションは事前の選考がないため、言い方は悪いですが他の会社なら書類で落とされるような学生でも受けることが出来ます。

なのでディスカッションのレベル自体は低かったです。

ディスカッションをやったことがない学生も多いため、ちゃんと発言できれば通るのかなという印象を受けました。

 

面接

そしてこれを通過した後日の面接などを通じて感じたこと。

 

この会社は楽しそう、社員の仲が良い、新しいこと好き、そして大きい会社であるため就活生的な目線でもおすすめできる会社です。逆にベンチャーみたいに1年目からバリバリ働きたいという方にはあまりお勧めできないかもしれませんが、2年目以降はかなり責任のある仕事も任せてもらえそうです。

 

やっぱりソニックとか龍が如くといった人気タイトルを持っている会社はやることが違うなと。営業やプロモーションもしやすいとのこと。

 

楽しそう、社員の仲が良いという点に関して、役員面接なんて固い雰囲気の中で行われることが多いのですが、この会社はそんなことはなく、楽しくやらせてもらいました。

特にセガゲームス里見治紀社長がスポーティーなポロシャツで面接に登場し、無茶苦茶話しやすかったのが印象に残りました。

自分の上の人がこんな人だったら働きやすいだろうなと。

実際に社内でも風通しは良いそうです。説得力あります(笑)

 

また新しいこと好きに関して、上述のUFOキャッチャーであったりプリクラであったり業界初みたいなものが多いです。失敗することも多いのですが。

初音ミクセガから出ているのもこの会社が新しいもの好きで、初音ミクボーカロイドがマイナーだったころにミクの3D映像を作って躍らせるということをしたため、以降初音ミクの生みのクリプトンから任されているという事です。

 

 

大手の割にはかなり働きやすそうそんな印象を受けました。この会社。

セガブランドの復活が楽しみです!

 

就活レポリンク

就活レポ カテゴリーの記事一覧 - ゲーム業界就活レポからのゲーム業界を語るブログ

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5