読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

任天堂に就職するために100万円投資した人間の就活レポ~岩田社長の最後の「直接!」説明会に行ってきた~

就活レポ

 ※後日談を加えた完全版を他サイトに寄稿しました。よろしければこちらを読んでいただければ幸いです。

storys.jp

 

うぉぉー本物の岩田社長だぁー

任天堂ダイレクトで聞きなれたしゃべり方だぁー

…と興奮していた私

まさかそれが最後の岩田社長による新卒採用説明会だとは思いもしませんでした。

 

今回は任天堂の就活レポ。

私はこの会社のために2回就活を行ったので量も2倍でお届けします。

 

 

就活解禁とエントリー

2013年12月1日0時00分

私の最初の就活解禁。

と同時に任天堂の新卒採用サイトにアクセス。

個人情報を速攻で登録。

それでも個人IDは20番台。

同じようなことをしている人は他にたくさんいるんだなと。

さすが人気企業。

ゲーム会社の中で一番なことはもちろん。

全会社の中でも就活人気ランキングで上位にランクインしている会社です。

ランキングは色々あるのでどのランキングでかは忘れましたが、転職したい会社で、仕事が面白そうという点で任天堂は1位を獲得していたのを見たことがあります。

 

倍率も1000倍は超えるとか。1説には1万倍までいくとも。

近年の新卒採用数は開発職40人、事務職10人程度ですから。離職率も低いので採用数も少ないんですね。

 

会社案内パンフレットが届く

2014年1月半ば

任天堂から会社案内が届きました。

以前も挙げた写真ですが。

花札のデザイン。

中も半分以上は会社の様子の写真やゲームの設定資料、岩田社長や宮本さんのお言葉もあります。

ヤフオクなどに上がるだけではなく、海外のマニアの間でも高値で取引されるとか。

もちろん私は売る気は全くないですよ。落ちたと言えども一生の宝物です。

 

 f:id:lusaku-lzot5:20151020015647j:plain

 

会社説明会

そして2月頭

任天堂会社説明会

私は首都圏住なので東京ビッグサイトの国際会議場でした。

オーケストラでもするんじゃないかってくらい広い会場。実際には収容数1000人ですので、会社説明会の予約はすぐにしないと満席になるレベルでしたが。

そして待ち時間にはゼルダ25thオーケストラのCDが流れていて興奮が止まりませんでした。

興奮しすぎて思わずMiiverseにそのことを投稿してしまったり。

 

そしてとうとう岩田社長の登場。

小さい会社の説明会に社長が登場するのは珍しくないのですが、この規模の会社で社長が登場する会社は任天堂位しか私は知りません。

それほど就活中の学生に力を注いでくれると思うだけで嬉しいものです。

 

そして任天堂ダイレクトで聞きなれた声と淡々とした話し方。そのまんまでした。

 

内容に関して詳しくお話しすることはできないのですが、

ゲーム業界の歴史、任天堂の歴史といった、知っていることからイノベーション論や岩田社長の考える求める人物像といった個人の考えまでと、充実したものでした。

 

京都から世界へ文化を発信する会社

イノベーションとは技術革新でなく人が不可能と思っていることを可能にすること

QOL任天堂に関わる全ての人々を笑顔にする

 

ちょっとだけかいつまんでみました。

 

その後ホールから移動し、社員の方から仕事の流れを聞いたり座談形式で色々質問したりと。

 

ちなみに社長講演のアンケート、全員分読んでいるとか。

普通ならホントかよってなりますけど、岩田社長のことですから読んでいらしたのでしょうね。

 

エントリーシート&webテスト

2月半ば

書類の提出&webテスト

エントリーシートの内容は事前に公開されていたため、これでもかこれでもかというほど練って、誤字脱字を確認し、提出可能になった瞬間に提出。

Webテストも食事睡眠など完璧な状態にもって行ってからの受験。

 

そして

3月25日

書類選考通過の連絡

思わず電車の中でガッツポーズしました。

事務職の場合はここで既に100人くらいに絞られていそうです。

任天堂は書類の審査が無茶苦茶厳しい方。嬉しかったですね。

 

面接、グループディスカッション、筆記試験

4月4日

任天堂の面接、グループディスカッション、筆記試験

こちらも内容は詳しく言えませんが、

筆記試験は満点かなってくらい手ごたえあったのですが、面接の手ごたえはあまりよくなく、

特に印象に残った質問が

「英語話せますか?」

という質問。

「話せません」

正直に答えました。

嘘でもいいから話せますとでも言えばよかったかもしれない。

でも任天堂という憧れの存在の前で嘘をつくなんてできませんでした。

 

面接の1週間後にはネットの掲示板に通過の連絡をもらったという人の書き込みが。

自分には連絡が来ていない。

多分、補欠とかの人は後で連絡来るだろうからまだ可能性があるとか。出来るだけ前向きに考えていました。

 

お祈りメール

4月18日

任天堂からメールが

慎重に検討いたしました結果、誠に残念ながら

貴意に添いかねる結果となりました。

 

システムのミスか何かで送られてきたものじゃないかとか。

内定者が辞退して自分にもチャンスが回ってこないかとか。

あり得もしない可能性ばかり考え、現実を受け止められませんでした。

 

自分が任天堂の選考に落ちたという現実を。

 

メンタルは強い方です。

就活で他の企業に落とされても、気持ちを切り替えるのは上手な方でした。

それでも人生で一番落ち込んだかもしれません。

 

落ちたという現実を受け止めた次に考えたことは

 

もう一度任天堂に挑戦しよう。

就活留年しよう。

 

そして自分の頭の中にこびりついた面接での質問。

「英語話せますか?」の一言。

 

だったら話せるようになってもう1回挑戦してやる。

 

 

他の企業の内定をもらっていたという事もあり、親を説得するのは苦労しました。

就職浪人すること。

大学を留年すること。

海外経験を積むこと。

 

大学を留年するという事は学費が1年分余計にかかります。

卒業してしまうと新卒で採用してくれない会社もあるため、卒業単位は確保しているもののわざと留年しました。(ちなみに任天堂は職歴がなければ既卒でも新卒扱いで採用してくれますが)

1年休学という形にすれば学費が5分の1程度で済むためなんとか親を説得することが出来ました。もちろんその費用は自分で払うとの約束で。

 

そして海外経験。

3カ月程アメリカで一人暮らし、インターンシップという形で企業で働かせてもらう。

報酬は出ないので100万近くを自分で負担。

まぁ滞在費以外にもニューヨークのNintendo world storeに遊びに行った経費などもかかっているのですが。

もちろんそんなお金持っていなかったので借金という形。本当に感謝しています。

おかげで現在は飲食店で社員よりも勤務時間の長いバイトとして働いてます。

もちろん後悔はしていません。

 

 

アメリカから2度目の挑戦

来たる2015年3月1日

1年前は就活解禁が12月でしたが、この年は3月が解禁でした。

例のごとく任天堂に速攻でプレエントリー。アメリカからですね。

 

5月に帰国予定だったのですが、任天堂の最後の説明会が4月半ばだったため、帰国予定を早めて緊急帰国。

説明会に参加しないと選考に参加できないとかいうことはないのですが、気持ち的には参加したかったため。

ということでなんとか説明会を予約。

 

京都での説明会

4月半ば

日本帰国後アメリカ滞在中に届いていた任天堂の会社案内パンフレットで今年も心動かされる。

f:id:lusaku-lzot5:20151020020036j:plain

チラシみたいですがこれが2015年の新卒採用の会社案内のカバーです。

 

 

そして説明会の最終日程は京都での開催であったため、わざわざ京都まで。

任天堂の説明会の2日前にイズの説明会もあったため京都で2泊3日。友人宅に泊めて頂きました。

f:id:lusaku-lzot5:20151020020220j:plain

 

 

 

4月18日

偶然でしょうか運命でしょうか。

ちょうど1年前自分が任天堂の選考に落ちた日、任天堂の説明会へ。

そして憧れの京都本社。

あの広い敷地を通って本社へ。

思わず周りをきょろきょろ見てしまう。他の学生も周りをきょろきょろ見ていました。

入口には

「写真を撮らないでください」との立札が。

学生の気持ちわかっていますねという感じ。

 

そして社長講演。

…が、今年は都合のため来れず、ビデオでの講演。ちなみに東京開催でもビデオだったため今思えば前年の会社説明が岩田社長最後の新卒向け会社説明会だったのかと。

大画面で任天堂ダイレクトをみんなで見ている気分だなとか思っていたのですが。

もう岩田社長の任天堂ダイレクトでさえも観る機会がないと思うと…

 

話を説明会に戻します。

内容自体は前年とほとんど同じ。前年にとったメモを参考にしながら聞いていました。

 

ただこの年はDeNAとの連携を発表した年、しかも発表から1カ月もたっていない頃。

 

スマートデバイス参入に関して

「時が来たんです!」

とのこと。

説得力ありました。

ただし他の経営説明などでも強調しているよう、ゲーム専用機のビジネスが主流であることは変わりないとのこと。

その説明会前でもその話は聞いていましたが、本人の口からきくとまた違う説得力ありました。

 

その後社員の方との座談会。

自分はプロモーション担当の方とお話し、ここでは書けないような色んなことを聞いて大満足でした。

早期帰国したかいがあったなと。わざわざ京都まで来たかいがあったなと。

 

 エントリーシート&webテスト

6月後半

この年も前年と同じく書類選考&webテスト

書類の質問内容は全く同じ。

1年前は通っているわけですから大幅には変えず、海外経験を積んできたことをしっかり書いて臨みました。

ただ1年間で任天堂も大きく変わり、赤字で大変であるため採用数減らすのかなとか思ったり、今年も通る保証はないなと緊張していました。

 

書類通過

7月23日

任天堂から書類選考通過の連絡

丁度この日と前の日に他のゲーム会社から内定を頂いていたこともあり、完全に絶好調でした。これだけ嬉しいことが続くことはないぞと。これなら任天堂も行けるのではと。

面接の予約の画面もその日程も去年と全く同じ、意外と覚えているもんだなと。

 

 面接へリベンジ

8月4日

リベンジの時。

面接時に現在の就職活動の状況を聞かれるのですが、

自分はゲーム会社から複数内定をもらっている旨を伝え、それをすべて断ってでも任天堂に行きたいということを伝えました。

 

しかし面接自体はなかなか面接官と気が合わない。

2人いるうち片方とはあったのですが、どうしてももう1人と合わない。

こんなこともあるのかと。

 

1年前聞かれた質問は覚えていたためしっかりと答えられるようにはしていました。

毎年同じ質問はしているんだなという印象を受けました。

もちろん全て一緒という事はないですし、半分くらい一緒かなという印象です。

 

…がこの年は聞かれなかった質問

「英語話せますか?」

という質問。

 

前年に聞かれたこの質問、これがどうしても頭に残って海外経験を積んだのに、残念でしたね。

 

そもそも自分が落ちた要因が英語話せないからってだけでもないとは思います。

が、こういったところでも考え方のずれみたいなのは生じたのですかね。

 

 就活が終わった

8月12日

念のため受けていた会社も受け終わり、残すは任天堂だけとなっていた矢先、

今回も任天堂からお祈りメールが。

前年よりはショックは少なかったです。

ゲーム業界に行けるという事は決まっていたので。

 

ただ、もちろんショックと言えばショックでした。

手紙でも出してもう1度受けさせてくださいと言おうかとも悩みました。

 

でも自分は任天堂よりも他の内定頂いた会社の方があっているのかもしれない。

そう考えるようにしました。

 

実際、任天堂には他のゲーム会社よりもゲーム好きは少ないと聞きますし、社員とお会いしたところそのような印象を受けました。

もちろんゲームが好きな人が多いことは事実ですが、その熱量が他社よりも低いと感じました。

 

今の会社は周りにゲームに情熱を注いでいる人はいますし、びっくりするくらい気が合う人もいます。

多分人生の中で一番人間関係が充実しています。

 

もはや負け惜しみのようになりましたけど、今はそれくらい前向きの気持ちでいます。

 

実際に働き始めないと今の会社が自分に合っているかなんてわかりませんし、そもそも任天堂が自分に合ったかどうかなんて試す余地もありません。

 

 

ただ普遍の事実として

自分は任天堂が大好きであること。任天堂の大ファンであること

それはうちの会社で働いても絶対変わらないだろうと思っています。

もちろん消費者としてはという意味です。

さすがに帰属意識は働く会社側になると思いますけど。もちろんうちの会社も大好きですし。

 

 

そして最後になりましたが、

改めまして今まで私たちを楽しませてくれた岩田前社長に感謝の意を述べたいと思います。

ありがとうございました。

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5

 

インタビューによって明かされる裏話。おすすめです。

waterspinachyeeh.hatenablog.com

 

関連記事

 

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5