読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

スマホゲーム業界革命まであと半年~任天堂の経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会/質疑応答のまとめ及び感想~

ゲーム業界

私は期待しかしてませんよ。

配信時期の遅れを失望して、任天堂DeNAの株価は急落

なんてことが起きても。

 

 

先日行われた任天堂の経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会のまとめ及び感想です。

 

f:id:lusaku-lzot5:20151101013123j:plain

 

自分の会社よりも任天堂のほうがじっくり見るかな(笑)さすがに働き始めたら自分の会社のほうをちゃんと見るか。むしろ資料とか作ってるかもしれない。

 

全てをまとめるというよりも興味深そうなところをピックアップしています。

国外の話は割と省いています。

 

【まとめ】

3DS

・上半期決算は5期ぶりの黒字

スマブラ妖怪ウォッチ2などで3DSがヒットした昨年に比べると落ち込んではいるものの、妖怪ウォッチバスターズ、ハピ森のおかげでしっかりと売れてる。

・特に購入者の7割が女性だったハピ森はゲーム人口拡大、そのための女性客増の目標を果たしている。

 

WiiU

WiiUスプラトゥーンマリオメーカーの2本軸で好調

・ともに定期的に遊んでもらう運営工夫を

 

amiibo

amiiboは累計2110万体

 

ダウンロード売り上げ(追加コンテンツ)

スマブラ、マリカに続きみんなのポケモンスクランブル

 

 

Nintendo Account

・新アカウントの方針は作りやすい、忘れにくい

→他のSNSアカウント(ツイッターフェイスブックなど)と連携

・公式HPで購入したゲームがゲーム機に自動的にダウンロード

・プレイ状況に応じてお知らせが

(例)どうぶつの森を遊んでる客にはしずえからお知らせが届く

・新しいポイントプログラムは遊ぶことでもポイントが付く、スマホゲームも対象

→デジタルコンテンツやグッズ、クーポンに交換可能、いずれはテーマパーク、映画館などでも特典を受けられるように

 

・My Nintendoが会員サービスの名前

 

 

スマホゲーム

・Miitomoでコミュニケーション促進

スマホゲームは2016年3月にサービス開始、2017年3月末までに5タイトル

・IPに制限を設けず、スマホバイスを生かした任天堂らしいゲームを

 

 

【感想】

まずは決算について

去年に比べて3DS役不足感が否めませんでしたが、その去年に比べてこれだけの売り上げを確保できているのだから十分かと思います。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013214j:plain

WiiUもタイトル不足は相変わらず否めませんがスプラトゥーンマリオメーカー様様というか、

むしろマリカやスマブラという超ビックタイトルでなんとかしのいだ去年に対し、新規ゲームで同程度の売り上げを確保したのは素晴らしいと思います。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013406j:plain

 

amiiboに関しては比較がしにくいので何とも言えませんが、好調なのは何より

やっぱりゼルダは海外で人気なんだなと。

カード型amiiboが国内で売れているのも納得、TCG文化というか。

逆に国外でスプラトゥーンamiiboが売れていないのは不思議ですね。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013435j:plain

色付きのが今期新しく発売されたamiibo

 

ダウンロードの売り上げも順調のようで。

注目すべきはスマブラとマリカの次のポケモンスクランブル。いわゆる課金ゲー。

子供向けのゲームでありつつも課金ゲームなのでどうなるか不安でしたが、すれ違いMii広場以上、スマブラマリカ以下なら安心できる範囲ではないでしょうか。

スマホのゲームでもこれくらいの収益をあげられるといいですね。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013533j:plain

 

 

新アカウントのNintendo Accountに関してほかのSNS連携は決して珍しくないけれども、任天堂にしては珍しいかなとも感じました。

そして公式HPでのダウンロード販売、わざわざゲーム機を起動しなくても購入できちゃうんですよね。

先日のトラ3試勇会でもこれができたので意外と便利だと思いました。

 

また客の購入状況によって変わるサービス、コアな任天堂ファンの私には嬉しいですが、カジュアル層に広める仕組みみたいなのが気になりますね。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013607j:plain

 

そしてクラニン後継のポイントサービス

グッズが同様にあるのは嬉しかった。

デジタルコンテンツも最後は3DSのテーマとか交換していましたし、予想の範囲内。任天童子2とか期待していいのかな(笑)

割引クーポンも嬉しいですけど、やっぱりお金で買えないグッズの交換がメインになるかなと。

 

個人的には任天堂のオフィシャルショップ、通販サイトとかでグッズ購入できるようになるかなとか思っていたのですが、ひとまずそういったことはなさそうですね。

 

またテーマパーク、映画館、店舗など生活空間でのサービスとなると、Tポイントとかそういったものをイメージしますが、そんな感じなのでしょうか。

 

 

Miitomo

トモコレみたいな感じですね。リアル版トモコレ的な。個人的には結構楽しみであったり。

任天堂SNSである以上やはりMiiは使ってほしいなとは思う。

まだ具体的なイメージはないけれどもネタ振りといった新しい仕組みは任天堂らしいなと思ったり。

実際には触ってみないとわからないですけどね。

f:id:lusaku-lzot5:20151101013637j:plain

f:id:lusaku-lzot5:20151101013824j:plain

f:id:lusaku-lzot5:20151101013848j:plain

 

 

そしてスマホゲーム

もちろん延期は残念ですけど、高クオリティのものを出すためなら待ちますよ。

任天堂らしいっていうのが気になります。

今のスマホゲームって似たようなゲームばかりなんですけど、任天堂はそれらとはまた一線を画したゲームを提供してくれると信じています。

そして課金の仕組みが気になります。

Miitomoでは服が課金になるそうですので、よくこういったタイプでありがちな、

「無課金だとひどい恰好しかできない」といった事態が避けられるといいですね。無課金でも集めようとすればどの服も手に入る、バッジとれ~るセンターくらいが良いかと。

 

 

【質疑応答まとめ】

基本的にNXのことも答えられないし、スマホゲームの詳しい話もできない。

延期とかの失態に対する株主の厳しい質問にはそれっぽいことを言って逃げようとしている。そんな印象を受けました。

といえどもそんな中でもいくつか興味深い情報はあったので一部紹介。

 

・Miitomoは服が有料アイテム

これはすでに言及した通り。

アバターを着せ替えられるなんてSNSはいくらでもあります。

ただ中には無課金だと裸同然(無地シャツ無地ズボン)みたいになるものもあるので、Miitomoでは無課金でも好きな服は着れるが、着せ替える選択肢の幅が狭まるみたいな方式がいいですね。

例えばリンクの勇者の服を着るのは無課金でも可能だが、そこからさらにマリオの衣装もチンクルの衣装も欲しいとなると課金が必要になるとか。そんな方式がいいですね。

 

・ゲーム専用機と連動するスマートデバイスアプリもある

まぁプレステ4だとこんな感じのありますけど、WiiUゲームパッドという2画面方式を作り上げた任天堂には色々と期待してしまいます。

NXがどんな感じになるかにもよりますけどね。

 

・Nintendo AccountはFacebookTwitterとの連携も

アカウント自体連携できるのは社長説明で明らかになっているのですが、すでにツイッターフェイスブックでつながっている人とのつながりをNintendo Accountにもってこれるとのこと。

これは嬉しさ半面、残念半面。

まぁ個人的なSNSの使い方のせいなのですが、ツイッターではリアルの人とはつながってませんがフェイスブックはもちろんリアルの名前、私の場合は勤務先のゲーム会社が明らかになってしまいます。

もちろんツイッターでつながっている方々とゲーム、Nintendo Accountでもつながれるのは嬉しいのですが、フェイスブックでつなげられないのは残念な限り。

 

 

別に私は投資家ではないですし、延期は残念なもののやっぱり期待しかないです。

 

一度ブログでも言及しましたが任天堂にはスマホゲーム業界に革命を起こしてほしい。

本気でそう思っています。

 

関連記事

lusaku-lzot5.hatenablog.com

lusaku-lzot5.hatenablog.com

 

↓質疑応答のページ

www.nintendo.co.jp