読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

ゲーム音楽が観客減のオーケストラを救う ~題名のない音楽会で再びゲーム音楽を取り上げてもらうべく番組HPに意見を寄せよう!~

ゲーム音楽が観客減のオーケストラを救う

 

放送日2015/11/22、題名のない音楽会ゲーム音楽がテーマに取り上げられました。

f:id:lusaku-lzot5:20151123113526j:plain

今後は 特殊筋肉とかフィギュアスケートがテーマの会も放送されるらしく、色々扱っているのだなぁと。

 

 

曲目は

スーパーマリオブラザーズメドレー(スーパーマリオブラザーズ)1985

 

マンボdeチョコボ(ファイナルファンタジーⅤ)1992

 

英雄の証(モンスターハンター)2004

 

Departure(パズル&ドラゴンズ)2012

 

メインテーマ(ファイナルファンタジー)1987

 

メインテーマ(ゼルダの伝説)1986

 

 

ゲーム音楽史をたどるということでスマホゲームのパズドラが入っているのは納得。

 

逆にFFから2作品であったり(ゲストが植松伸夫さんであった関係でしょうか)、80年代後半から3つ、しかも任天堂から2作というのはいまいち納得いかず。もちろん嬉しいのですが。

 

だったらドラクエも入れてあげてと思いましたが、すぎやまこういちさんの関係で難しいのかなと。噂で、音響の関係で気に入ったホールでしかドラクエのコンサートはやらないという噂を聞いたのですが、果たして…

 

ちなみに放送後にアクアのCMでそして伝説へ…が流れるという

 


2015.11 トヨタ アクア(NHP10)TOYOTA AQUA - YouTube

 

 

今回はタイトルの話と音楽の感想と2部構成で行きます。

 

 

ゲーム音楽がオーケストラ市場を救う】

 

こちらの記事を読んでいただければ分かります。

gigazine.net

 

簡単にまとめると

クラシックコンサートの観客数は年々減っているが、ゲーム音楽のコンサートは普通のコンサートの2倍の集客をしているため、ゲーム音楽がないとやっていけない状態ということ。

 

 

ゲームとクラシックって反対なイメージがあるかと思うんです。

 

特にクラシック好きでゲームやらないって人は

「えっゲーム音楽?」って感じなのかなという気がします。

 

 

単にゲーマーとしてはゲームというコンテンツの社会的地位が高まってきたのがうれしい限り。

 

今回の題名のない音楽会に関しても地位の高まりかなという。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事がわかりやすいというか。なぜゲーム音楽がテーマになったかということがわかります。

 

そしてツイートで見つけたのですが、

 

 

なんか感激ですね。

 

 

ではここから各曲感想

 

スーパーマリオブラザーズメドレー】

ゲーム音楽の歴史はここから始まったんだよなと。

3音制限の話とか。マリオライブの記事でだいぶ語り切ったのでよろしければそちらも。

 

blog.lusaku.jp

ただ同じく1980年代のFFが同時に出てくると、アクションゲームでこの3音制限を乗り切ったのはすごいよなぁと思いました。

 

 

【マンボdeチョコボ

自分はFF未プレイなのでこの曲はⅩⅢのサントラで聞いただけ。

 

ただFFの中で一番アレンジされている曲を選曲したのはナイスだったなぁと。

好きになっちゃいました。

途中で植松さんがすごく楽しそうにリズムをとっていたのが印象に残りました。気持すごくわかります。

こういったノリが良い曲もクラシックにはないゲーム音楽の強みかなと。

 

 

【英雄の証】

個人的に一番、今回グッと来た音楽。鳥肌立ちっぱなしでした。

宇宙戦艦ヤマトをイメージして作ったとか。

 

2004年発売とのことでしたが、この頃からゲーム音楽にオーケストラが採用されていたんだぁと驚きました。

自分はマリオギャラクシー(2007)の頃からのイメージがあったので。

 

モンハンはほとんどプレイしていませんが、今度オーケストラ行ってみたいなぁとか思いました。オーケストラにぴったりな曲目ぞろいですもの。

 

 

【Departure】

音楽に関してスマホゲームとコンシューマーゲームの垣根はないと思わせてくれる音楽の一つ。

名曲だと思っています。何度も聞く曲ですしね。

 

戦闘曲でこんなに明るい曲って珍しいよなと今更気が付きました。それがうけたんだなと。

サビの盛り上がりも大好き。オーケストラに合うもんです。

 

 

【メインテーマ(ファイナルファンタジー)】

未来のゲーム音楽はみんなで演奏するものというコンセプトをもとに、全員リコーダーでの演奏でした。

 

こう聞くと小学生の音楽の授業を思い浮かべちゃいますが、予想以上にリコーダーの優しい感じとFFメインテーマがマッチしていて良かったです。

 

ちなみに私の小学校の運動会の入場行進曲はドラクエの「序曲」でした。

今思えば良い体験をしたなと思っています。

 

 

【メインテーマ(ゼルダの伝説)】

マリオが選曲されるのはともかく、ゼルダまで選曲されるのはうれしい限り。

 

ゼルダ25周年でやったやつでしょうか。

吹奏楽にソロのバイオリン(司会の五嶋龍さん)が加わってまた新しいものになっていました。

 

イントロの後の謎解き音で、演奏している鉄琴(?)がアップされる演出。

分かってますね。

 

 

植松さんの名言も最後に紹介されていました。

『ひとつのことに夢中になるのが、僕の幸せになるための手段なのです」

 

私もこれからゲームに夢中になってゲーム業界、ゲーム音楽業界をより良い方向へ変えていきたいなと思いました。

 

 

 

今まで生でしかゲームオーケストラを見たことがなかったので、若干見劣りはするものの、家でただで見られるなんて素晴らしい時代がきたもんだなと。

 

毎週やってほしいなとか。

そしたら観覧希望毎回出すかな(笑)

 

また自分に関していうと、音楽の著作権周りから、サントラの発売やオーケストラの開催しやすさなどサポートしたいっていうものもあります。ライセンス関係の仕事に就く可能性もあるので。

 

 

そしてゲームオーケストラに行きたい欲がさらに高まりました。

言うまでもなくゼルダ30周年はもちろん、逆裁15周年オーケストラをやるのであれば行きたいですし、ドラクエもいつもは作品別のものなので、作品の枠を超えたオーケストラ、例えば戦闘曲メドレーとか、そういったものを期待します。

 

最後に見逃した方へ

再放送あるそうです。

BS朝日で29日23時だとか。

 

大きな声では言えないけど

You Tubeにもあがっていました。これってアウトではないのかな。ぜひ見てくださいとは言えません。

ミンナニ ナイショダヨ

 

そして見た方も含め、番組HPに意見等を寄せることによって、またこのゲーム音楽企画の実現が叶うかもしれません。

よろしければ是非!

ご意見・ご感想|題名のない音楽会|テレビ朝日