ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

任天堂の就活レポがゼルダの伝説の時オカ状態になっている件~就活レポのお知らせ2~

最後に就活レポを投稿したのが10月20日の任天堂の就活レポ

岩田社長の最後の「直接!」説明会に行ってきた~任天堂に入るために100万円投資した人間の就活レポ~

 

もう1か月以上就活レポを更新していませんでした。

このブログのタイトルなんでしたっけ

 

「ゲーム業界就活レポからのゲーム業界を語るブログ」

 (当時)

 

もちろん就活レポだけ書いていくつもりはないんですけどメインコンテンツなのになぁといったところ。

 

なぜ放置していたのか。

 

就活レポ以外に書きたい記事があったのと、

 

自分の中で任天堂の就活レポが

ゼルダの伝説時のオカリナ状態になってしまっていたから

 

ゼルダがアタリマエを見直したわけ ~時のオカリナという名作が残した障壁~

 

時のオカリナを超える作品をゼルダが出せないように、

自分も任天堂の就活レポを超える就活レポは書けないなと思っていたから。そして実際自分もこの記事に囚われすぎていますし、とりあえず任天堂の就活レポのリンクはいろんなところに貼っている。

 

そうなる可能性を踏まえ任天堂の就活レポは最後に挙げる予定でした。

 

が、出し惜しみしても仕方がないと思って出せるときに出しました。

 

もちろん反響はありましたし、そのおかげでアクセス数、読者、フォロワーも増えたので良かったのですが、次に書く就活レポがどうしても拙いものになってしまう。

 

そう思って就活レポをあげていませんでした。実際には2記事ほど書き溜めています。

ただこれも書き直そうかなと。

 

やっぱり同じ方向性で任天堂の就活レポを超えるのは不可能だと思っています。

任天堂への情熱というものは変えられないので。

他の企業への情熱では上回ることができないので。

 

ではどうすればいいのか。

面接のやり取りで面白かった部分を抜粋し面白い記事にしようというのが今の考え。

 

ですが難しいのが面接の内容をどこまで公開していいのか。

面接でのやりとりを公開すると(人事からすると)個人が特定できるうえに、場合によっては人事から苦情が来るかもしれないとか。びびっています。

 

でもある程度はいいでしょ。だってもう就活終わったし。

と開き直り、リアルな就活レポをお届けすることに決めました。

 

 

現在レベルファイブの就活レポを執筆中です。

もちろん面接内容を全部公開することはできませんが(忘れてしまっている部分もありますし)、この会社の面接はゲーム業界以外も含め私が受けた面接の中で一番独特なものでしたのでそれをお伝えできたらなと。

 

 

最近ブログ書いてて思うのは

面白い記事書いているつもりだけど、別にこれ自分じゃなくても書けるなってものが多いということ。

 

ゲーム業界について語るのも好きなんですけど、他の誰かも似たようなこと書いているかもしれない。

 

やっぱり自分らしい面白い記事を書くには

就活レポが必要なのかなと思っています。