読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活レポからゲーム会社に就職したブログ

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

初めてブログを訪れてくださった方にまず読んでほしい記事はこちらから!

おすすめ記事↓ゲーム会社を模したキャラクターたちが活躍中

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

任天堂に就職するには~事務職か、開発職か、英語、海外経験、プログラミング、必要な経験は何?~

ゲーム業界就活 就活レポ

任天堂で働きたい。

任天堂に就職したい。

そのためにどうすればいいか。

こういった質問はネットでよく見かけます。

 

今回は任天堂の就活レポではありません。

人生のステージ別で任天堂への就職方法を伝授します。

 

もちろん自分は落ちた身ですが、倍率100倍を超えるとも言われる書類は通過しましたし、任天堂で働いている人たちの話などを参考に作った攻略法です。

 

ちなみにこちらが私が任天堂を受けた際の体験記です。

よかったら読んでみてください。

blog.lusaku.jp

 

 

任天堂ってESで小学校、中学校、高校でどのような人生を歩んできたかを尋ねるほど、「生き方」というものを重視しています。

なのでそういった面も含めて紹介したいと思います。

もちろん情報は2015年現在のものですが、企業の考え方というのはそうそう変わることはないと思うので参考にしてください。

 

f:id:lusaku-lzot5:20151020020220j:plain

求める人物像

・コミュニケーション能力

・多面的な視点

・サービス精神

・知的好奇心

・独創性・柔軟性

 

なんかものすごく納得ですね。

こういった事を伸ばすような生き方をしてください。

例えば何かモノづくりに携わるとか、ボランティア活動に参加するとかですね。

 

裏・求める人物像

・英語力・海外経験

・学歴

 

最初に上げたものは表向きに公表している求める人物像。

そしてこちらは公表されてはいないものの、明らかに採用時に重視されているもの。

自分も面接で「英語話せますか?」と聞かれてことはありましたし、少なくとも文系職はほとんど帰国子女だそうです。

本当に任天堂に行きたいのであれば、1年留学位した方がいいと思っています。短期留学はあまり意味ないです。それくらいやっている人はざらにいるので。

理系はそこまでしなくて大丈夫ですが。

 

そして学歴。特にこの会社は学歴で選ぶ傾向が強いです。

早慶でも正直きついです。実際に私がそうでした。もちろん東大でも落ちますし。

ということは学歴はできるだけ取っておいてください。文系は特に学歴が必要ですが、これは理系でも当てはまります。

とにかく勉強は頑張っておいてください。

 

 生き方

そして任天堂はこれまでの生き方を重視しますので段階別にアドバイスをしておきます。

 

小学生

とにかく遊んでください。

ただテレビゲームよりも外遊び。

自分達で遊びを作ったり、未知の世界へ探検したりとか。

あと小学生の頃から勉強する癖は付けておいた方が良いです。

あと文系職よりも理系職の方が採用枠4倍ほどあるため、出来るなら理系という分野に興味を持っておくことを勧めます。

 

 

中学生

高校でだいぶ道が決まります。中高一貫校であれば堕落しないように気を付けて。

勉強はしっかりしてください。

そしてこの時期にはなんとなく理系、文系が決まる時期。

どちらか悩んだら任天堂のことを思い出して理系に進んでください。

 

 

高校生

最終学歴を決める大学受験のために勉強する時期。

東大を目指すのであれば高校1年生の時から頑張って下さい。

ビリギャルみたいな話もありますが特例です。普通はないです。無難に高校1年生の時から勉強しておいてください。

 

そして短大や専門学校でゲーム関係のことを学ぶ道もあります。

任天堂にで一番入りやすい職種は「プログラマー」です。圧倒的に。

学校でプログラミングを学ぶ機会がなくてもチャンスはあります。

おすすめはWebCampという講座です。

こちらは好きな時間に通えるうえに、iPhoneのアプリなどを作れることもあります。

詳細はこちらから確認しぜひ無料説明会に足を運んでみてください。文系の方でも全く問題ありません。

 

  

大学生

きつい言い方になりますがここで低学歴ですとほぼ無理だと思ってください。

自分の大学じゃ無理だと思ったら、マリオクラブ(任天堂のゲームのテストをする会社)でアルバイトを募集していることもあるのでそれをこまめにチェックしてそこからマリオクラブの社員に上がるのがベストなのではと思います。

 

で、もちろん学歴があってもきついです。

文系であればモノづくりのサークルに入ったり、あとは体育会に入ってコミュ力を磨いたり充実した学生生活を過ごしてください。ひとつのことをやりこむよりも色んなことを。学生時代に頑張ったことを3つ言えるように。

私の場合は部活、バイト、勉強でした。

 

学業に関しても面接でどんなことを勉強してきたか聞かれるので怠らないように。ゼミでの研究内容とか。

そして海外経験がない人は出来れば何か海外経験を身に付けておいてください。

 

理系であればその道のプロフェッショナルになっておいてください。研究内容もしっかり話せるように。

そしてプログラミングはしっかりできるように。

任天堂はプログラミングの実技試験がかなり厳しいと聞きます。試験会場にわざわざ1人1台パソコンを与えられてってことは中々珍しいそうです。

 

もちろん先ほど説明しました通り、文系で入ってもプログラミングを学ぶことで任天堂に入ることはできます。実際自分の友人でプログラミング講座に通い、法学部出身だけれどもプログラマーとして任天堂に入社した友人がいました。

 

 

社会人

要は転職ですね。

自分はまだこちらの立場に立っていないので偉そうなことは言えませんが、文系であればゲーム会社からよりも商社や金融からの方が入社はしやすいかと。そして海外でバリバリ活躍できるような会社からだとより良いです。ただ募集はかなり少ないので厳しいです。

 

開発職は随時募集しているので中途採用のお知らせをチェックすれば問題ないかと。

ただやはり実力は必要ですから今の会社で実績を出すことが必要ではないかと思います。

 

またまずはどこでもいいからゲーム業界に入り、そこで実績を残してから転職するのが一番お勧めかなと思っています。ゲーム業界に強い転職サイトはありますので。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

 

 

 最後に

ちなみにゲームを遊んでおくべきか否かというと別に重要ではありません。

むしろ遊びすぎて勉強がおろそかになるくらいならやらない方が良いです。

任天堂にはゲーム会社にしてはゲームをやらない人が多くいます。

まぁ興味がある程度でいいかと思います。

 

 

ここまでアドバイスしておいてあれですが、ゲーム会社の中だけではなく、日本の会社の中でもトップレベルで就職難易度が高い会社です。

 

学歴・ステータス×生き方×雰囲気

 

など全ての要素が任天堂にマッチしないと無理です。

 

私も落ちた身なので偉そうなことは言えません。

ただこれから任天堂を目指す人は全力で応援しますし、何か相談があれば応じます。

 

そして任天堂に限らず、すべての頑張る就活生、応援しております。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

 

 

宜しければツイッターのフォロー&読者登録よろしくお願いいたします。

@lusaku_lzot5