読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

私が選ぶ今年の任天堂ニュースベスト10~2015年版~

任天堂ニュース

今年は任天堂にとって変化の年。

色々なことがありましたね。

 

2015年、任天堂関連のニュースで私個人的に印象に残ったことをランキング形式でベスト10まで紹介したいと思います。

 

1位 岩田社長亡くなる

f:id:lusaku-lzot5:20151224092136p:plain

これに関しては異論はないでしょう。

任天堂に関してのニュース、ゲーム業界のニュースにとどまらず、世界を揺るがせたニュース。亡くなって初めて世界でどれだけ愛されていたのか思い知りました。

改めて心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

2位 スマホゲーム参入発表

f:id:lusaku-lzot5:20151224092255p:plain

DeNA資本提携しての参入。なるほどといった感じ。とうとうやってくれるかと。任天堂のゲームはかなりユーザーに親切であることは有名。

そんな任天堂が高額課金などで批判を浴びやすいスマホゲーム業界でどのような旋風を巻き起こしてくれるのか。楽しみで仕方がないです。

 関連記事

スマホゲーム業界革命まであと半年~任天堂の経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会/質疑応答のまとめ及び感想~

 

3位 ユニバーサルスタジオとの業務提携

ユニバーサルスタジオとの業務提携により、任天堂のテーマパークが実現するのではという話。情報は少ないですし、テーマパークとなれば開発にも時間がかかるかと思うので当分先の話になりそうですが。

IPが強い任天堂なだけあってかなり魅力的なものになると思っていますし、単純にファンとして楽しみ。多分年間パスとかあったら買うかと思います。

こちらのサイトで、イラスト付きで妄想していたのが面白かったのでよかったらどうぞ。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52193286.html

ただやっぱり我々にはディズニーランドのIPを任天堂のものに替えたようなものしか思いつかない。任天堂がいかに我々の予想を超えてくれるかが楽しみ。

 

 

4位 スマブラクラウド参戦

f:id:lusaku-lzot5:20161231200443p:plain

リュウも含めてこれほどのゲストキャラが参戦するとは本当に驚き。

特にクラウドに関してはスクエニからの参戦ということで、完全に両社の仲が戻ったのだなと感じさせました。

 関連記事

クラウド参戦!~衝撃の任天堂ダイレクト~

 

5位 WiiUゼルダが2016年発売予定に決定

http://ga-m.com/image/news/2015/11/13/zelda-wiiu-sinsaku-2016-hatubaibi-5.jpg

発売日未定になっていたWiiUゼルダの発売が2016年に決定。

あの任天堂ダイレクトの演出はかっこよすぎた。ゼルダ30周年を祝う作品として楽しみにしております。

 →結局2017年に延期になりました。

 

6位 シオカライブ開催決定

https://topics.nintendo.co.jp/export/sites/nintendo_topics/images/thumbnail/extra_large/00000114_820_461.png

スプラトゥーンのヒットを含め今年はスプラトゥーンの年だったなと。

正直25周年のFE、30周年のマリオよりも目立っていたと思う。

そんな中私が一番着目したのは「シオカライブ」スプラトゥーンのリアルのライブ。

元々ゲーム内のアーティストがゲームのBGMを歌っているという設定からして相性の良いイベント。スプラトゥーンというIPが今後どのように活かされるかが楽しみです。

 関連記事

シオカライブというスプラトゥーンのリアルライブがあるそうで ~スターウォーズにもつながる裏設定の深さ~

 

7位 マリオメーカーのヒットでマリオ30周年祝う

http://game.matomame.jp/assets/images/matome/bed4e5061d4684a33bb1/2c483cfa18d7ea63c4de72496f6b9674.png?t=1438059435

正直マリオメーカーというゲームが30周年を祝うソフトになるとは思っていませんでした。

25周年の時のマリオコレクションのほうが歴史を感じさせてくれるしとか思っていました。

が、実際に遊んでみるとここまでアニバーサリーなソフトはないなと感じました。

歴代のマリオブラザーズの要素大集合ですから。

関連記事

マリオメーカー問題と妬まれるほどにマリオメーカーは傑作だった~マリオメーカー感想、評価、レビューそしてマリオメーカー問題論争~

 

8位 ポケモンGO発表

http://pds.exblog.jp/pds/1/201509/11/99/c0198199_821225.jpg

位置情報とARを利用してポケモンがリアルの世界に飛び出すというもの。

個人的に衝撃的だったのは自分が株式会社ポケモンを受ける際、企画書でIngressとのコラボというものを書いて提出したためそれが見事に的中したという点。一瞬パクられた上に落とされたと思いましたが、2年前くらいからの構想だったためさすがにそんなことはないかと。

新しいゲームの形として楽しみにしております。

 

 

9位 NXの予告

任天堂スマホゲームに参戦することを発表した際に、家庭用ゲームを捨てたわけではありませんよということでアピールしたもの。

基本的には名前だけですが、今までとは一風変わったものになりそうですので情報の開示が待ち遠しいです。

 

 

10位 Miiverseリニューアル、自活終了

私にとっては重大なニュース。人によっては何それってなるようなニュースですが。

任天堂SNSMiiverseでゲーム以外のことを何でも書き込める「自分の活動」というツイッター的なものがあったんです。それがゲームのSNSとしての機能を阻害しているということで、自活の廃止が行われました。

私はその自活で就活レポやこのブログに書いているような業界展望を書いていたので活動の幅が狭まりとても残念に思いました。

もちろんゲームのSNSとしては正当な進化であったのですが。

今となってはブログを楽しめているので良いのですが、やはりMiiverseに自由に投稿で来た頃も楽しかったなぁと懐かしんでいます。

 

 

以上2015年個人的任天堂ニュースでした。

5位、6位、7位、10位あたりは誰もが選ぶというよりも結構個人的な思い入れが入っていますね。特に10位。

もっと個人的なことを言えば私が任天堂に2年連続に落ちたとか任天堂ワールドストアに行ったとかそういったことが自分の中での思い出です。

 

来年2016年も任天堂の活躍に期待しております。