ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

すれちがいゾンビ評価・感想・レビュー~小粒なゾンビ無双を3DSで~

今年遊んだゲームを振り返る第5回

今回は4月2日配信のすれちがいゾンビ

前回のすれちがいフィッシングと同時配信のものですね。

 

https://www.nintendo.co.jp/nintendo_news/150430/suretigai/img/main_visual_img03.jpg

 

 

アクション性やミッションの鬼畜具合は「すれちがいシューティング」を彷彿させるゲーム。

クリアまで半年かかりました。ラスボス倒すまで2か月、ミッションクリアするのに4か月くらいです。

 

 

【概要】

すれ違ったMiiから趣味をかたどった武器をもらい、たくさんのゾンビを倒していくアクションゲーム。

 

 

【26種の武器】

他の作品ではすれ違いの要素が色だったのに対し今作は趣味という点。新鮮なのは良かったのですが、差別化し切れていない感じと使いづらさや強い武器、弱い武器が結構はっきりしちゃっているのがゲームバランスとして悪く感じました。

 

明らかに多くなりそうな趣味「ゲーム」の武器がかなり使いやすいのは評価できる一方、そればっかりになってしまうので残念。あとは攻撃中に動けない武器はほぼほぼ選ばないです。そういった使いづらい武器こそとがった攻撃力などがあってもいいかなと思うのですが、そういった調整が無かったのも残念。

もうちょっとステージによってこの武器が良い!みたいに使い分けできたり、同じステージでもうまく使い分け出来るアイテムを取り換えつつっていうのが当然のゲームにしてほしかったです。

 

シューティングはそれがはっきりしていたので評価できたんですけど。

 

もちろん12種類以上はうまく使える一方、26種もあると埋もれてしまう武器があるのも残念。やっぱり趣味って設定がきつかったのかなという印象を受けました。

 

属性が2種類しかないっていうのもその要因の1つかと。増やしすぎてもあれですけど、さすがに2種類は少ないのでは。

 

 

【レアゾンビ】

一種の謎解き要素。

ヒントからステージとアイテムと条件を見つけ出す。

序盤は結構面白いと感じていたのですが、実は途中から全然わからなくなり攻略サイトを見始めました。

 

このゲームって挑めるチャンスが限定されている上に時間制限があるステージも多いのでので、試行錯誤しながら謎を解くってことができないのが残念。

どのステージ、どのアイテムを使うといったところまでは分かるのですが、レアゾンビ出現条件が結構分かりづらいのもあったりするので。そのステージで探し回れたらいいんですけどね。出現させるタイミングとかもあるので。

 

 【最後に】

すれちがいのアクションという事で前シリーズのシューティングと比較したいところですが、ちょっとシューティングが優秀すぎました。

でもやっぱりゾンビも好きですよ。

 

たまに処理落ちっぽくなりますけど、こんなんでゼルダ無双3DSで出せるのかという不安になりますが。

 

 

 

個人的に好きなすれ違いゲームランキング。合戦以外は全部好きですし、はっきりと順位付けするのは難しいですけどね。

1位 迷宮

2位 シューティング

3位 ゾンビ

4位 伝説

5位 フィッシング

6位 ガ∼デン

7位 合戦

 

そろそろ伝説Ⅲとか欲しいです。

あとはすれちがったMiiと一期一会にならないようなやつとかボリューミーなやつとか。

今回の2作品は系統でいうとシューティングとガ~デンの系譜であったので、迷宮っぽいのも欲しいですね。