読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

ファイアーエムブレムif 白夜王国 感想・評価・レビュー ~祖国を裏切る主人公カムイの作品~

ゲーム感想

今年遊んだゲームを振り返る第6回

今回は6月25日発売のファイアーエムブレムif 白夜王国

 

https://i.ytimg.com/vi/acqCg-TCxJw/maxresdefault.jpg

 

 

祖国を裏切るという事が一番印象的な作品。辛いところもあったけど、終わり方は前作より好きだったりします。

主人公カムイのスマブラ参戦によりまた注目を浴びているゲームですね。

 

 

【概要】

3DS向けシミュレーションRPGファイアーエムブレムの最新作。

白夜王国暗夜王国の2つバージョンがあり、

白夜のほうが難易度易しめ。

白夜王国で生まれ、暗夜王国で育った王子がどちらの国を裏切ってどちらの国につくかというのを選ぶ。

 

 

 ネタバレありです

【ifというストーリー分岐】

今作の最大の目玉、ストーリーの分岐を自分で選べて、どちらにしろ仲間を裏切ることになる。

分岐自体は聖魔とかにもありましたけど、パッケージで分かれるほどのストーリー分岐って中々画期的だったのかなと思います。

 

裏切るのはつらかったのですが、ストーリー分岐前は、敵に回すユニットを育成したりできないので、そこまで愛着がわかなかったのが救いでした。

これから暗夜をプレイする際、白夜で共に戦った仲間たちを倒していくのはつらいのだろうなと。

 

ストーリー的には面白かったと思いますし、歩み寄るという形で終われたのは良かったと思います。

 

まぁ10章くらいで小さなゴールをむかえて新展開へといういつものパターンが無かったので、途中疲れたところはありましたが。

 

ただ相手国側とはいえ重要キャラが死んでいくのは重かったというか。だからこそドラマが生まれたというか。そして覚醒のエメリナとかのように蘇っては欲しくないというか(笑)

 

 

【覚醒した前作とそれをひきついだ今作】

ゲームシステムやインターフェイス、グラフィック、効果音などは前作と同じ。前作の面白さは安定して享受できるけれども、新鮮さはかなり少なかったと思います。まぁそれでも面白いんですけど。

 

それとコザキさんのイラストも好きですけど、これだけキャラが多いとさすがに似たのが多くて…

追加コンテンツでストーリー補完されますが、

ラズワルド、オーディン、ルーナが

前作の

アズール、ウード、セレナとデザインが一緒っていう…

http://9ualia-room.com/wp-content/uploads/2015/08/uood.jpg

 

http://9ualia-room.com/wp-content/uploads/2015/07/uood.jpg

 

【新要素】

マイキャッスルと竜脈ですかね。

マイキャッスルに関しては自分で防衛施設を置けるのはタワーディフェンスっぽくって新鮮さはありました。せっかくだからストーリーで1回くらい入っても良かったのではと思います。

というのもストーリーに絡まなかったため一度しか遊んでいないという… そんなんで新鮮さが無いとか言ってごめんなさい。

ただやっぱりストーリーが絡まないとおまけ感が否めなかったです。

 

そして竜脈これによって戦略が大幅に変わるかというとそうでもなかったです。

もうちょっと竜脈をうまく使う、あるいは使わないことで戦略が広まったり使うタイミングの駆け引きみたいなのがあれば良かったかなと思います。

 

敵が使う場合は、単に相手の攻撃範囲が増えたようになりますし、自分が使う場合は使えば有利になったり、あるいは使いたいときに敵が無関係な位置にいてもどかしさを感じたりと色々と微妙でした。でも演出はかっこよかったかな。

 

新要素というより、新鮮さでいうと兵種は新鮮なの多かったですね。

杖と竜石が使える主人公、弓を使える飛行ユニット、攻撃できる踊り子などなど。

ただ若干組み合わせを活かしきれていない感もありましたが。踊り子とか攻撃できても意味ないって…

 

あとダブルの仕様の変更(デュアル、ダブル→攻陣、防陣)は良かったかなと。今作はその名の通り攻めたいときは攻陣で、敵の攻撃が強く待ち伏せで守りたいときは防陣など選択する機会が増えたので。

前作だと常にダブルにしていれば良かったという事もあり、ゲームバランスが崩壊していたので良改善かなと。特に前作はその強すぎるダブルの仕様を前提とした鬼畜な追加コンテンツを出すことでバランスを取っていたので。

 

それと武器使用回数の廃止。

これは…場合によっては安くて弱い武器を使うという戦略や主人公武器の意義低下もありやや残念でした。せっかくスマブラでも再現していたのに。

ただ逆にレア武器はほとんど使えなかったということも今までありがちだったので良かった点もあるかと。といえど、レア武器がほとんどないんですけど。

http://www.4gamer.net/games/287/G028791/20150625063/TN/034.jpg

 

 

【兵種、スキル、武器の複雑化】

特に白夜に関してなのですが、今までの作品の兵種や武器が和名にされていて分かりにくいことが多かったうえに説明書での説明がなかったため最初はとまどいました。金棒=斧とか。

 

スキルは多くなった分、ほんのり発動するものが多く、猛威を振るっていた前作とは対照的でした、自分はノーマルでやったので、難易度高かったらもっと敵にスキルがついているのかもしれませんが。

 

前作は技のステータスによっては毎回のように発動していたため、スキルを踏まえて戦略を立てることが多かったのですが、今作は スキルはほとんど気にしなかったですね。

 

前作のスキルもバランスブレイカ―の1つであったので何とも言い難いですが。

でも前作の方が好きだったかな。

 

 

【追加コンテンツ】

このバージョン違いの販売方法、賛否両論でしたが、私としてはちょっとずるいかなと思う一方、ポケモンとかよりはいいかなと思います。

 

とにかく“もし”もう片方の国を選んでいたらと思わせる展開だったのと、ただでさえ前作の使いまわしの部分もあり“ずるい”と言いました。2000円っていう部分だけ見ると良心的ですが、でも開発コスト的に考えると…とか思ってしまいます。

 

それと異界の戦士、amiibo連動。

前作の追加コンテンツでマップ+ユニットを300円程度で購入できたのに対し、今作は1200円のamiiboでの追加。既にamiiboを持っている人からすると嬉しいのでしょうが、そのキャラのためにamiiboを買うのはつらいですよね。4体揃えたらソフト1本分ですもん。

もちろん前作と違って追加キャラのクオリティは上がっているようですが。

せめてカミーボで対応してほしかったなとか思います。

 

カードゲーム等の展開も踏まえるとイズも商売上手になってきましたね。

 

 

ここまで感想書いてやっぱり自分はFE好きなんだなと。特に覚醒が大好きなんだなと思いました。

 

ファイアーエムブレムif 白夜王国

ファイアーエムブレムif 白夜王国