読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

妖怪ウォッチ 感想・評価・レビュー ~映画スターウォーズにも勝った化け物タイトルは大人にもやってほしい作品~

ゲーム感想

今年遊んだゲームを振り返る第11回。ひとまずラスト。

今回は2013年7月11日発売の妖怪ウォッチ

今年発売したゲーム限定で感想をあげていましたが、これだけは例外という形で。

 

http://livedoor.blogimg.jp/youkai_ch/imgs/7/6/76bbbb67-s.png

 

レベルファイブを受けるにあたってサクッとクリアしました。

ストーリーだけなら10時間程度で終わります。

子供向けのゲームであることは間違いないけど、大人がやってつまらないかと言われるとそうでもないです。 やっぱグラフィックとかはさすがだなぁってなります。芝生とか木のリアルさがすごい。

 

 【概要】

いわずと知れた妖怪ウォッチというIP

最初はゲームなんですよ。3DSででたRPG

ただ売れ始めたのはゲーム発売半年後のアニメやコミックがスタートしてから。

といってもそれを念頭に入れたゲーム作りだったのですが。

今ではスマホで「ぷにぷに」スピンオフで「バスターズ」などゲームでも様々な展開。

個人的には映画「エンマ大王と5つの物語だニャン」の動員数が

あの「スターウォーズ フォースの覚醒」を上回ったことが衝撃的でした。

理由を見れば納得ですが、それでもすごいなぁと。

週末観客動員数ランキング首位 “妖怪”がSWに勝ったワケ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

レベルファイブにはヨーダの像が飾ってあるぐらいなので、スタッフも複雑な気分でしょう。

 

 

【世界観】

日常です。良い意味で普通なんです。ドラえもんの世界です。でもそれを表現するグラフィック力などがあったからこそなのかなと思います。

どこかのインタビューでもそういったのを目指したとかおっしゃっていました。

イナイレではパワーインフレ、マンネリが起きたからとか。

 

この日常の中に妖怪を登場させることで、妖怪に親しみを持てたり、

「妖怪のせいかもね」

って言葉が流行ったのかなと思います。

 

主人公が普通の男の子ってところも感情移入しやすいのかなと思います。

ウィスパーに対するツッコミとか、私達の言いたい事を言ってくれているというか。

 

http://amd.c.yimg.jp/amd/20130415-00000022-dengeki-002-10-view.jpg

 

【ストーリー】

10章くらいに分かれていて、アニメの1話1話をクリアしていくイメージに近いです。どれくらいアニメとリンクしているかは分かりませんが。

 

ただ途中にあるサブクエストがボリューム多すぎます。

制限なくサブクエストを受けられるのでどのクエストを受注しているか分かりづらくなりますし、偶然話した相手がだいぶ前に受注したクエストのキーマンであったりすると訳が分からなくなります。

まぁクエスト受けるだけ受けて、それを無視してメインストーリーを進めてしまう私も悪いのですが。

 

メインストーリーの内容自体はだんだん妖怪がさくらニュータウンに攻め込んできているという事実が明らかになっていく、そして原因を突き止め解決するという深くはないけど、浅くもないストーリーだったので、子供向けのゲームとしては丁度良かったのかなという印象を受けました。

 

ただゲームの進め方としては完全にお使いゲーなので嫌いな人は嫌いかもしれません。

常にどこへ行けという指示があってマップに矢印が表示されるという超親切設計。私は難易度低いゲーム嫌いじゃないので良かったのですが。

こういった意味でも子供向けかなぁと思いました。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Inside/Inside_68740_1.jpg

 

【バトルシステム】

リアルタイム式RPG。私はRPGをあまりよくやらないので詳しくないのですが、リアルタイムで味方を入れ替えたり、攻撃の際にコマンド(タッチアクション)を必要とするのって新鮮な気がしました。

味方をクルクル入れ替えたりするのは気持ちいいですね。

難しくもなく忙しすぎもしない。ややボス戦は長くてだれますが、基本的には飽きのこないバトルシステムでした。

 

やり込むとどうなるのか分かりませんが、

ポケモンですとどんなポケモンでも使い方次第で活躍できますが、この作品だとそんなことがなさそう。1作目から200種類を超える妖怪がいるだけあって、埋もれてしまう妖怪がいるのがもったいないです。

 

パーティーにもレジェンド妖怪とかいれるのがベストなのかなとか思ってしまいます。

 

ただこの辺に関してはあくまで私の想像の範囲なのであしからず。

http://img.inside-games.jp/imgs/zoom/392457.jpg

 【最後に】

総じて楽しくやれました。くすっと笑えるところあり。心を安らげてくれる作品でした。

良い作品であったけど、やはりクロスメディア展開しなかったらここまでバカ売れしなかった作品だとも思います。

これからスピンオフがたくさん出るという事なので期待です。

教養のために大人の方も是非やってみてはいかがでしょうか。

 

とうとうキャラクターランキングでアンパンマンを抜いてトップに躍り出ましたし、ドラえもんポケモンと並ぶ何十年も愛されるコンテンツになって欲しいです。

まぁポケモンは大人のファンを開拓できましたけど、果たして妖怪ウォッチは…

 

妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ