読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活レポからゲーム会社に就職したブログ

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

初めてブログを訪れてくださった方にまず読んでほしい記事はこちらから!

おすすめ記事↓ゲーム会社を模したキャラクターたちが活躍中

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

趣味がゲームですと堂々と言える世界を作って東京オリンピック2020の開会式にはマリオを参戦させる ~学生の戯言・社会人への意気込みPart2~

生き方

ゲームというコンテンツの社会的地位向上

それが私の夢です。

 

あけましておめでとうございます。

こんにちは。ルーサクです。

 

今年最初の投稿ということで、今年の抱負…というよりも、

今後ゲーム業界で働くにあたっての私の野望というものを意気込んでおきたいと思います。

 

 

 

【ゲームというコンテンツの社会的地位向上】

なんて漠然とした目標なんでしょう。

具体的な達成数値みたいなものはありません。

 

 

ただ例をあげれば

・「趣味がゲームです。」と言った時、反応の悪い人がいなくなる

e-Sportsが地上波で放送される

・CDレンタルショップでゲームのサントラがいっぱい置いてある

・ゲーム人口100%

 

こんな感じです。特に日本での話ですね。

アメリカではクリエイターが尊敬されますし、韓国では男の子のなりたい職業2位にプロゲーマーが入ったこともあるとか。

 

まずはゲームに対する悪印象を変えたいというもの。

私は、「趣味はゲームです」って言えますけど、やっぱり抵抗はあります。昔は堂々と言えませんでしたし。

ゲーム、オタクって印象が良くないと思うんですよね。

 

どうしても引きこもり、ニート、コミュ障、犯罪とかにつなげられがち。

f:id:lusaku-lzot5:20160101090833p:plain

そんなことないぞと。

人とのつながりは増すし、引きこもりとかニートはゲームのせいだけじゃないだろうし、むしろゲームのおかげで脱引きこもり、ニートもできることだってあるとか。

とにかくゲームの魅力を伝えていきたい。

 

ゲーム人口100%っていうのにもつながりますが、できるだけゲームをしてくれる人を増やすっていうのはゲームの印象を良くするのに繋がるのかなと。ゲーム人口拡大ってやつ。

 

その間口を広げるためにもIP戦略は頑張るべきだと思っているし、もしe-Sportsが地上波で放送されたら認知度も高まると思う。

 

http://www.theryder.com/wp-content/uploads/2013/12/esports-metro-image-2.jpg

 

自分がゲーム開発者でない以上は、面白いゲームを作るのは開発者に任せ、自分はそれを徹底的にサポート、そしてそのゲームの魅力をより多くの人に伝えることに全力を尽くしたいと思っています。

 

この目標が漠然としているのも訳があって、自分がどこの配属になるかわからないから。そしてずっと同じ部署にいるとも限らないから。

 

もし人事になればゲーム会社はブラックっていう印象を変えるために頑張りたいと思うし、

経理になれば収益構造にできるだけ関わって、課金などでトラブルが起きないようにしたい。

営業だったらゲームの魅力をできるだけ多くの人に伝えたい。

 

どの職種になろうが

「ゲームというコンテンツの社会的地位向上」ということに貢献したいと思っている。

 

 

【直近の目標】

私がどのゲーム会社であろうと近々達成してやろうと思っているものが2つほど。

・スタッフロールに載る

東京オリンピックの開会式にゲームキャラクターを登場させる

 

スタッフロールに載ることに関しては載れる職種であれば決して難しくはない。営業や品質管理などであれば。

スタッフロールに載ることに関しては憧れです。出来れば今年中に達成したい目標。

 

そしてもう一つ。

東京オリンピックの開会式にゲームキャラクターを登場させる

たぶん入社年月的に本格的にかかわることは難しいと思う。

ただ多くの人にかかわりを持ってこの案を言いふらすことはできる。

他力本願にはなってしまうものの、この案を通せるような上の人と仲良くなりたいと考えている。もし実現するのであればマリオは欠かせないと思うので、任天堂の社員の方とは確実に仲良くなりたい。

もしかしたら既にプロジェクトは動いているかもしれませんが。

 

相変わらず学生の戯言です。

社会の厳しさを知らない人間の考えです。

といっても自分はこれを達成する気で一杯ですし、真剣に考えています。

 

こんな人間ですがこれからも今まで通りゲームブログ×就活ブログを続けていきます。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

Part1

blog.lusaku.jp

Part Final

blog.lusaku.jp