読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活レポからゲーム会社に就職したブログ

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

初めてブログを訪れてくださった方にまず読んでほしい記事はこちらから!

おすすめ記事↓ゲーム会社を模したキャラクターたちが活躍中

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

スマホゲームのコスパは高いのか ~1時間当たりの値段を計算してみた~

ゲーム業界

ゲームの面白さが値段に見合っているか。

課金ゲーム、追加コンテンツなど様々な料金体系のゲームが登場した今、こういったことはよく考えるようになりました。

 

 

こんにちは。ルーサクです。

 

ユーザーの満足度>値段

 

となれば得した気分になるというか、コストパフォーマンスが良いなと感じますね。

もちろん満足度は数値化できないので比較は不可能なのですが。

 

そしてユーザーの満足度を単純化すると

 

(面白さ)×(ボリューム・プレイ時間)

 

とでもなります。

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160120115307p:plain

青いグラフが値段、赤いグラフが満足度を表します。

Xを超えるまでゲームをプレイできればコスパが良いといった感じ。

 

 

面白いゲームであれば満足度のグラフが急な右肩上がりになりますし、そうでなければ緩やかな右肩上がり、あるいは線が途中で途切れてコスパが悪いということになります。

 

面白いゲーム

f:id:lusaku-lzot5:20160120115323p:plain

つまらないゲーム

 

f:id:lusaku-lzot5:20160120115335p:plain

 

今回は単純化したコストパフォーマンスの話。

ゲームのプレイ時間1時間当たりの値段というものを

・買い切り型

・追加コンテンツ型

・課金型

に分けて算出してみたいと思います。

なお値段に関しては定価で計算し、ゲーム機本体の値段は含めません。

 

 

サンプルは私のものなのであくまで参考程度です。

ではいきますよ。

 

【買い切り型】

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

プレイ時間 21:07

値段 4800円

1時間当たりの値段 228.57円

 

コレクション要素などやりこみ要素はすべて達成。1周のみのプレイ。

アクションゲームは20時間程度のものが多かったです。

 

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

 

 

ポケットモンスター オメガルビー

プレイ時間 45:22

値段 4800円

1時間当たりの値段 105.49円

 

ストーリー(リメイクで追加されたものまで)をクリアしただけ。伝説ポケモンなどのやりこみは少ししかやっていない。

最近のRPGはクリアまでに50時間前後のものが多く、アクションゲームよりもコスパが良いのかなという印象を受けた。

 

【Kindleキャンペーン対象商品】 ポケットモンスター オメガルビー 【Kindleカタログをダウンロードすると200円OFF(2016/1/12迄)】

 

 

逆転裁判123成歩堂セレクション

プレイ時間 70:22

値段 4653円

1時間当たりの値段 66.01円

 

リメイクで3作分が詰まったゲーム。予想通りお得な方。おそらく企業にとっても。

 

逆転裁判123 成歩堂セレクション

 

 

 

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

プレイ時間 278:41

値段 5490円

1時間当たりの値段 19.68円

 

私が遊んだゲームの中で一番プレイ時間が長く、買い切りであるがゆえにコスパも一番良かったゲーム。

 

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

 

 

ソリティ馬

プレイ時間 24:43

値段 500円

1時間当たりの値段 20.41円

 

値段は安く、ゲーム内容は多くないけど、やり込もうとすればやり込める中毒性の高いゲーム。元の値段が安いことだけあってかなりコスパが良いことが分かった。

同じようなタイプのハコボーイやリズムハンターハーモナイトコスパが100円以下となった。

http://cdn.wiki.dengekionline.com/theme/dengekionline/solitiba/images/main.png

 

 

Year Walk 最後の啓示

プレイ時間 1:56

値段 741円

1時間当たりの値段 370.5円

 

インディーズのゲーム。真のエンディングもクリアしたし、やりこみ要素もなし。

面白かったのは事実ですが、どうしてもコスパの悪さに目が行ってしまう。

Year Walk 最後の啓示 [オンラインコード]

 

 

 

ゼルダの伝説 夢をみる島DX(VC)

プレイ時間 11:57

値段 617円

1時間当たりの値段 51.42円

 

20年前のソフトが安く配信されたパターン。コスパは良くなる。

中古のゲームや廉価版もこのパターンに当てはまる。

ゼルダの伝説 夢をみる島DX [3DSで遊べるゲームボーイカラーソフト][オンラインコード]

 

 

 

スターフォックス64 3D

プレイ時間 4:39

値段 4800円

1時間当たりの値段 1066.57円

 

1周しかプレイしていないがこれでもエンディングは見ている。

やりこみが前提の通常値段買い切り型でストーリーのみのクリアで済ませるとコスパがひどいことになる。千円を超えました。

STARFOX64 3D(スターフォックス64 3D)

 

 

 

【追加コンテンツ型】

f:id:lusaku-lzot5:20160120115954p:plain

Xの頃にマンネリを感じ始め、魅力的な追加コンテンツが出たため購入。

また面白いと感じ始めるがYの頃にまた熱が冷めてくる。そこでまたZの頃に追加コンテンツを購入しまた楽しくなるといった感じ。

 

ファイアーエムブレム覚醒

202:59

4800円+7900円=12800円

63.05

 

面白いと思って追加コンテンツをすべて購入して+7900円。

損した気分は全くないのですが、やりこんだ割にはコスパが上がってしまったという印象を受けた。

ファイアーエムブレム 覚醒

 

 

 

大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS

プレイ時間 142:42

値段 5600円+2300円=7900円

1時間当たりの値段 55.63円

 

追加コンテンツはファイターとステージのみ購入。

WiiU版とセットで買った時の値段を半分で割った値で計算しています。

追加ファイターは正直ほとんど使っていません。

ただ追加コンテンツによりプレイ時間が増えるというよりも、追加コンテンツのお知らせ、および大会などの盛り上がりなどでゲームへの熱が高まりゲームのプレイ時間が増えているといっていいと思う。

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS

 

 

 

【課金ゲーム】

追加コンテンツ型と似たようなパターンではあるものの、スタートの値段がゼロ円なのが大きな違い。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160120121555p:plain

ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト

プレイ時間 1460時間(365日×2年×2時間)

値段 265160円

1時間当たりの値段 181.61円

 

スマホの課金ゲーム。

プレイ時間は曖昧ですが、ここ2週間ほど測ってみた結果この程度に落ち着いたので累計1460時間とします。

値段もappleの購入履歴でちゃんと確認しました。計算しているうちに顔が真っ青になりました。26万5千円。20万くらいだと思っていたので…これからは課金額を自分でも記録をつけるようにします。

 

ただ気になるコスパのほうはアホみたいに高いわけではない。むしろかなり平均的な値に落ち着いていて驚いた。

もちろん自分がやり込んだ時間を考えるとコスパが良くないのは残念なのですが。

月額課金のPCオンラインゲームを同じくらいやりこめばもっとコスパは良いでしょうに。

http://androck.jp/wp-content/uploads/file/dqmsl_gacha/top.jpg

 

 

まとめ

コスパは100円~200円が妥当

やり込んでまではいないけど、クリアして満足したゲームのコスパは100円~200円程度に落ち着いた。

 

 

低価格のものはコスパが良い

最近は低価格のお手軽ダウンロードソフトやレトロゲームの配信などが多く、コスパがかなり良いことが分かった。

ただしYear Walkのようにコスパが悪いこともある。

 

 

やりこみ前提のソフトはコスパがよくなるか悪くなるか極端に傾く

やりこみ前提のソフトははまればコスパはよくなるものの、自分に相性が合わなくてとりあえずクリアするだけで終わってしまうとかなりコスパが悪くなる。 

 

 

追加コンテンツ型はコスパが良い

追加コンテンツにお金をかける作品っていうのは自分が満足した作品であって、やりこむための課金になることが多い。

結果的にコスパがよくなる。

 

 

スマホの課金ゲームは意外とコスパは悪くない。

スマホの課金ゲームもはまるくらいのものであれば課金しても許せる範囲のコスパ

さらに無課金で遊んでいるゲームとの平均をとればコスパは良いともいえる。

ただやりこんでいる割には割高感はあるし、上手な付き合い方でなければすぐにコスパは悪くなる。

 

 

 

 

ここまで書いたけれども、長い時間で遊べるゲームのほうが良いのかというとそうでもない。

 

1時間当たりの値段が全てならRPGばかりやればいいことになるが、決してそれは面白くないと思う。結局はやりたいゲームをやればいい。

 

人によってはYear Walkのようにプレイ時間が濃縮されていたほうが時間的に嬉しかったりもする。

 

結局何が言いたかったのかというと、ゲームの値段をかなりフレキシブルにつけられるようになった近年、1時間当たりの値段というものが安定してきたというのと、

一般的に青天井と言われがちな課金ゲームも上手に付き合えば決してコスパが悪いわけではないということ。

 

この2つを言いたかったのかなと。

 

サンプルは私のものだけなのですが、同じプレイスタイルの人間が様々な値段体系のものを比較しているので参考にはなるかなと思っています。

http://coc.game-k2.net/img/unit/jcymmmehpx.png