読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

ゲーム業界を就活するにあたってゲームの知識は必要か?そしてどうやって知識を蓄えるのか?

ゲーム業界就活

「私はゲームに関する知識が浅くグループディスカッションや面接、ESでゲームに関する知識を問われた場合にしっかりと答える自信がありません。ルーサクさんはどのようにしてゲームについての知識を蓄えられたのでしょうか?」

 

f:id:lusaku-lzot5:20160202013426p:plain

 

こんにちは。ルーサクです。

 

早速いくつか就活相談が来ています。

ゲーム業界を就活するにあたっての生の疑問っていうのはどれもこれもブログに掲載したくなるような内容ばかり。

 

今回は

「どうやってゲームの知識を蓄えるか?」

という質問ですが、

ゲームの知識をどうやって蓄えたかの話をする前に、

まずグループディスカッション、ESでゲームの知識を問われることはありません。と言っておきます。

少なくとも事務系では。

開発系になるとまた話は違ってくるのでしょうが。

 

この話からします。

 

 

ゲームの知識はいらない

ESなどでゲームの知識を問われることはありません。自分が遊んだゲームにどのような考えを持っているか、またほかのエンターテイメント、アニメや映画、ドラマや漫画などにどれだけ興味があるのか問われるくらいです。

 

 

グループディスカッションでも同じです。

 

ですので、新たに知識を蓄える必要はないです。

 

面接は人によって質問内容が変わることもあるので、ゲームの知識について聞かれることはないと断言できませんが、少なくとも私はありませんでした。

 

ただ話の引き出しとして、ゲームの話ができると便利だとは思います。

例えば逆質問、つまり面接官から「何か質問はありますか」と聞かれたときに

「最近ゲーム実況が流行っていますけど、企業としてはどうなんですか」とか

「リメイク作品ってオリジナルより売れることはほとんどないですけど、企業としてはそれをどう考えてリメイクを作っているのですか」とか。

 

あとは自分が入社後に何をしたいか聞かれたときに、

「現在の課金ゲームは1割の高額課金プレイヤーが残りの9割の無課金プレイヤーを支えているという現状になっていますが、私は9割の方が低額の課金をしたくなるようなビジネスモデルを作りたい」とか。

 

それくらい言えれば問題ないと思います。

そんなに込み入った知識はなくてかまいません。もし分からなければ分かりませんと言って問題ありません。ゲーム会社を目指すにあたってルーサクくらいゲームに詳しくなくっちゃとか考える必要はありません。

 

あとはVRであったり、スマホの課金についてだったり、アバウトな知識を持っているだけで十分だと思います。ゲームが好きな方なら問題ないのではと思っています。。

 

実際各会社の採用Q&Aには

「ゲームを遊ばないのですが大丈夫でしょうか」

という質問がよくあります。

どの会社も

「ゲームに関する知識があるに越したことはないですが、ゲームの知識を問うことはありません。ゲームを遊ぶ人にゲームを提供するという情熱があれば問題ありません。」みたいな回答になっています。

 

 

ゲームの知識の蓄え方

まぁゲームの知識があっても損はないので

私のゲームの情報収集の仕方というのを紹介しておきますね。

 

基本的には趣味で自然と情報が集まったというのがありますが(笑)

 

ゲームビズ 

www.gamebusiness.jp

 

ゲームをビジネス的な、文化的な目線から特集している記事が多くておすすめです。

業界の動向をチェックするには良いです。

 

 ヤフーニュース

news.yahoo.co.jp

 

ヤフーニュースのゲームのカテゴリです。

 

ゲームの発売系が多いのでそれ以外のニュースをチェックするのがいいかなと思います。

いろんなゲームサイトから情報を持ってきているのでその点ではよいです。

 

 

ファミ通

 

定期購読しなさいとは言いません。

特集などで面白いのがあれば立ち読みすればいいかなぐらいです。

 

 

実況動画、あるいは実際に遊ぶ

色んな会社を受ける際、どうしてもその会社のゲーム、実はやったことがないって事態に陥るかもしれません。

それで落ちるということはないのですが、やはりやっておいて損はないです。

その際、実況動画を見ておくといいかなと思っています。

 

ただ面接でゲームについて聞かれる際には自分の情熱が伝わることがベストなので、下手に好きでもないその会社のゲームをするよりは、本当に自分の好きなゲームの話をしっかり語ることができれば良いと思います。

 

 

ゲーム以外のエンタメ。

これは日経新聞日経ビジネスであったり、同じくヤフーのエンタメカテゴリをチェックしておくと良いですね。

私の場合は単に海外ドラマが好きであったので、しっかりと語れる程度に見ていました。

 

 

ゲーム会社の説明会

各社、自分の会社の話をするのは当然なのですが、それだけでなくゲーム業界について話してくれるところが多いです。

ゲームのビジネスモデルであったり、ゲーム業界の歴史であったり。

積極的に参加することをお勧めします。

特におすすめなのは任天堂カプコン

この2社はゲーム業界についてしっかり説明してくれていました。

 

 

ゲーム業界就活レポからの~

blog.lusaku.jp

…自分で自分のサイトをお勧めするのってどうなのって思いますけど(笑)

特にこれからは「ゲーム業界を就活するにあたっての基礎知識」的なのを増やしていくつもりですのでツイッターのフォロー&ブログのチェックをどうぞよろしくお願いいたします。

@lusaku_lzot5

 

こちらのような記事を増やしていきます。

blog.lusaku.jp

 

 

改めて相談ありがとうございました。

現状では希望者とは全員直接お会いして話せるのですが、相談者が増えていくと全員とお会いできるかはわかりません。

ですので相談を迷っている方はぜひ早めに連絡ください!

lusaku.lzot5@gmail.com

@lusaku_lzot5

blog.lusaku.jp