読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

あのゲームを開発したのはどこの会社?~就活前、入社前に遊んでおきたいこの会社のこのゲームはやっとけまとめ~

ゲーム会社を受けるにあたってこの会社のゲーム一つも遊んだことないけど大丈夫かな?

そんな疑問はあるかと思います。

 

ぶっちゃけ遊んでなくても大丈夫です!

私自身そのような会社ばかりですが、内定は普通にもらっていました。

 

といえども遊んでおくに越したことはないです。少なくとも入社するのではあればやっておきたいところ。

ということで

「この会社のこのゲームはやっておけ!」ということで紹介したいと思います。

f:id:lusaku-lzot5:20161119114906p:plain

※あくまで今回紹介するのは各ゲームを「作った会社」であり「開発した会社」ではありません。ディベロッパーではなくパブリッシャーです。

違いはこちらの記事で確認してください。

発売元・販売元(パブリッシャー)と開発元(デベロッパー・ディベロッパー)の違いとは

 

 

任天堂

スプラトゥーン

これは遊んでおいたほうが良いです。

シューティングという殺伐としそうなゲームでなぜ大ヒットできたのか。

流行りの第一線であり、やはりスプラトゥーンがどのようなゲームであるか分かっていないと普通に話題についていけないと思います。任天堂以外の会社を受けるにあたっても。それが一番の理由です。

Splatoon (スプラトゥーン) [Wii U]

Splatoon (スプラトゥーン) [Wii U]

 

 

blog.lusaku.jp

 

ポケモンGO

こちらも流行りの第一線であるから。社会現象をなぜ巻き起こしたのか。何が面白いのか。そして何が問題なのか。今後ポケモンGO任天堂スマホゲームはどのようにあるべきなのか。自分なりの意見を持っておくとよいかと思います。

 

 

ゼルダの伝説 時のオカリナ3D

もし任天堂のゲームを遊んだことがないのであればこちらの作品を遊んでおくことをお勧めします。私がこの作品を愛しているからではなく、任天堂の真心がこもっているから。

ひたすらユーザー目線であり、非常に遊びやすいゲームだからです。

 

任天堂ってこういったゲームを作りたいんだなと感心させられるゲームです。

 

blog.lusaku.jp

 

バッジとれ~るセンター

3DSに無料で配信されているソフト。

基本無料追加課金ありのゲーム。

下手な運営をすればコンプガチャでも起きそうな料金体系ではあるものの、月額の上限料金が決まっていたり、無料プレイなどの救済措置が非常に多く用意されています。

 

その一方でしっかり課金への煽りも行っている。非常にバランスの取れたゲームだと考えています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161119105611p:plain

 

その他任天堂のゲーム

スーパーマリオ

説明不要。世界一有名なゲーム。スマホ版を遊んでみてもいいかもしれません。

blog.lusaku.jp

星のカービィ

かわいい見た目で老若男女に人気のキャラクター。ゲームの中身は初心者にも親切なアクションゲーム。近年IP展開が激しいキャラ。

blog.lusaku.jp

ファイアーエムブレム

シミュレーションRPGの代名詞。サブカル的な方針に変え、時代の流れに乗れた作品。

など

 

blog.lusaku.jp

 

SIE

PS VR

SIEはハードメーカーとしてとらえたほうが良いです。

最先端の技術を使うということはユーザーが未知の体験をするということ。それに対する配慮の徹底ぶりはひたすら丁寧です。その姿勢はよく感じ取ったほうが良いと思います。

VR技術を作ることはどの会社にもできたとしても、ここまで一般化できたのはソニーだけかと思います。

 

またこのような会社であるからこそ、最先端の流行りに敏感であることは評価されます。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 

 

blog.lusaku.jp

 

 

アンチャーテッド

映画「インディージョーンズ」をゲームにしたような作品。

秘宝を求めて旅するアクションアドベンチャー

おすすめは「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」

グラフィックやキャラのモーションのリアルさが話題を呼びました。

とにかくハイクオリティなゲームを求めるSIEならではの作品です。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(通常版) - PS4

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(通常版) - PS4

 

 

 

その他SIEの作品

勇者のくせになまいきだ。

主人公は魔王となって勇者を倒すゲーム。レトロなドットデザインと中毒性のある戦略的なゲームデザインが特徴。

 

 

グランツーリスモ

20年近く続くレースゲーム。正式なジャンルは「ドライビングシミュレーター」と、とにかくリアルさを求めているシリーズ。

 

 

ICOワンダと巨像、人食いの大鷲トリコ(上田文人作品)

同一シリーズではないものの、上田文人氏が手がけた作品としてまとめられることが多い。

AIを生かした謎解きアクションアドベンチャーゲームデザインはもちろん、謎めいた独自の世界観など人気なシリーズです。

 

ICO

ICO

 

 

ワンダと巨像

ワンダと巨像

 

 

 

 

 

バンダイナムコ

ワンピース大海賊闘技場

もうちょっと正確に言いますとワンピースかドラゴンボール格闘ゲームを何かしら。

この会社は版権物をゲーム化するのに長けている会社。それが一体どういったものなのか。

特に複数作品遊ぶと、どのようにゲームシステム、ゲームエンジンを流用しているのか分かりやすくてよいかと思います。

 

他にもNARUTOナルティメットシリーズクロスメディアが売りのソードアートオンラインシリーズ、スーパーロボット大戦など何か原作を知っている作品に手を出せるとよいですね。

 

 

テイルズオブシリーズ

長年続くバンナムオリジナルのIP。ただそれでもアニメ調で魅力的なキャラクターが売りな部分はぶれない。まさに遊ぶべき作品。

 

またこの作品はIPとしての展開も積極的に行われていて、グッズであったりコンサートイベントなどがあるためこの作品がいったいどのような作品なのか把握しておくとよいと思います。

 

おすすめは「テイルズオブベルセリア」。2016年に出た作品。

元々の売りであるアニメの良さを残しつつ、インターフェイスの良さ、戦闘システムの面白みなどが評価されています。

前作がこけただけあり徹底的に作り直された良作です。

 

 

 

 

その他バンダイナムコエンターテインメントの作品

スーパーロボット大戦

マジンガーZガンダムといったロボットアニメのクロスオーバー作品。20年以上続くシミュレーションRPG。IPを生かしたバンナムらしい作品。

 

 

ゴッドイーター

一言でいうとストーリー性のついたモンハン。

またキャラの魅力やクロスメディア展開はバンナムだから成せた技。

 

 

 

鉄拳

ストリートファイターと対を成す、2大格闘ゲームの一つ

鉄拳タッグトーナメント2

鉄拳タッグトーナメント2

 

 

太鼓の達人

ゲームセンターでおなじみのリアルの太鼓を叩くゲーム。家庭用ではボタンを押す音ゲー

キャラの版権だけでなく、音楽はいわゆるJpopなどが入っていたり、ゲーム音楽とかも入っているのが特徴的ですね。

 

  

 

セガ

ソニックシリーズ

セガを語るにあたって間違いなく出てくるゲーム。セガマスコットキャラクター

ただ、ゲームとしてセガの特色がよく出ているとか、ゲームとして非常に優れているとかそういった訳ではありません。

 

グッズなどでの展開その他の活躍ぶりを見るにあたってソニックがゲーム内でどういったキャラクターを演じているのか。その点に着目しながら遊んでみるとよいと思います。

おすすめは「ソニックジェネレーションズ 白の時空」。20周年記念作品ということで人気ステージのリメイクであったり歴代キャラの集合、そして過去のタイプのソニックと今風のソニックが登場するというのが特徴的。

もちろんソニックらしいスピードアクションは健在です。

ソニック ジェネレーションズ 白の時空

ソニック ジェネレーションズ 白の時空

 

 

 

初音ミクシリーズ

ある意味日本の文化として遊んでおいたほうがよいなという作品。

クリプトンが音声ソフトを作り、開発もセガではない。そんな作品ですが、この「ボーカロイド」という新しい文化をはやらせたのに貢献したセガ。ここにセガの「新しいものに対する挑戦心」というものが非常に顕著に表れていると思っています。

今では多くの人に愛されるこのシリーズも昔はただの博打。

そんなことを念頭に入れながら遊んでみるとよいと思います。

おすすめは最新作の「初音ミク -Project DIVA- X」。解像度が上がれば上がるほど魅力的になるリズムゲームです。

 

他に挑戦的な作品で育ったものといえば「龍が如くシリーズ」。一応今回桐生一馬の物語は終わってしまうということですので余裕あれば遊んでみてはいかがという作品になりました。

 

初音ミク -Project DIVA- X HD

初音ミク -Project DIVA- X HD

 

 

 

 

 

その他セガの作品

ぷよぷよ

20年続くパズルゲームパズルゲームとしてはキャラクターや見た目の可愛さが特徴的ですよね。

 

 

コナミ

パワプロシリーズ

20年以上続くコナミが誇る伝統の野球ゲーム。

コンシューマー事業を縮小し続けているもののこちらのゲームはずっと続いています。

 

一方でしっかりスマホ版も出しており結果を出しています。こちらも併せて遊んでおくとよいかもしれません。

 

またパワプロと2大看板として並ぶ「ウイニングイレブン」も遊んでおくとよいです。

 

 

ウイニングイレブン2017 - PS4

ウイニングイレブン2017 - PS4

 

 

 

ダンスダンスレボリューション

コンシューマー版とアーケード版があるのですがアーケード版をお勧めします。

体感型のゲームです。リズムに合わせて足で十字のボードを踏むことでダンスをするようなゲームです。健康事業にも力を入れているコナミならではの作品ですね。肥満大国アメリカでもそのような意味で注目されたゲームです。

またコナミはコンシューマー、スマホ、アーケード、カジノと様々な軸を持っているためアーケードの代表作であるダンスダンスレボリューション(DDR)はお勧めです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161119113053p:plain

 

 

その他コナミの作品

メタルギア

世界中で人気を博すステルスアクションゲーム。映画のような演出が特徴的。

生みの親の小島監督コナミを退社したものの、権利は継続してコナミが持っています。今後の新展開が気になりますね。

 

 

スクウェア・エニックス

ドラゴンクエスト

国民的RPGJRPGのジャンルを確立した作品です。

 

おすすめは「ドラゴンクエストⅤ」。世の中にはドラクエで人生を学んだという人も多いのですがそれが顕著に出ている作品です。

 

またこのIPはスマホにも上手に生かしているのでそちらも遊んでみるとよいかもしれません。

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 

 

 

ファイナルファンタジー

ドラクエと並ぶスクエニの2大IP。

ドラクエ以上に様々なスピンオフが出ている作品です。

 

おすすめは「ファイナルファンタジーⅦ」FFシリーズの象徴的な作品。かの有名なクラウドが主人公の作品です。

といってもFFは作品ごとに戦闘システムも変わるシリーズ。

ですので最新作「ファイナルファンタジーXV」も遊んでおくとよいです。スクエニの誇る最先端の映像技術をフル活用した作品です。

 

 

 

 

その他スクウェア・エニックスの作品

キングダムハーツ

様々なディズニーの世界を旅するアクションRPG。世界観はディズニーなもののストーリーはオリジナル。ディズニーのキャラクターと一緒に冒険できるのは魅力的です。

 

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]

 

 

 

 

レベルファイブ

言うまでもないですね。レベルファイブを一躍有名にした作品です。

子供向けと思われがちな本作品ですが、ゲームシステム自体は決して退屈な作品ではありません。

 

またこの会社はエントリーシートや面接でレベルファイブのゲームを遊んでいるか尋ねてくることがあります。そのような意味でも遊んでおくべき作品です。

おすすめは第1作「妖怪ウォッチ」。10時間ほどで遊べるものの物語がよくできています。子供でも遊べるように遊びやすくなっている作品ですのでぜひ遊んでみてください。

妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ

 

 

blog.lusaku.jp

 

 イナズマイレブン

この作品もクロスメディア戦略で流行した作品。そして再度新作が発表された旬な作品。

サッカーゲームという考えも日野社長の少年時代の体験から。

キャラクターを集めたり育成したりする収集・育成サッカーRPG。サッカーの試合はウイイレのような動かし方ではなく、タッチペンでキャラを動かし、取得したど派手な必殺技を使用するものです。

 

おすすめは「イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説」。

初期三部作を1つのパッケージで遊べます。

ストーリーが熱い本作ですので、とりあえず初代イナズマイレブンを、気に入ればそのまま2、3と遊んでいくと良いでしょう。

イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説 (特典なし)

イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説 (特典なし)

 

 

 

その他レベルファイブのゲーム

レイトン教授

レベルファイブ出世作。謎解きアドベンチャーゲームです。いわゆるなぞなぞを解いてストーリーを進め、ストーリー全体に秘められた謎を解くという作品。豪華声優陣ときれいなアニメーションが魅力です。

レイトン教授と不思議な町(特典無し)

レイトン教授と不思議な町(特典無し)

 

 

 

コーエーテクモ

無双シリーズ

コーエーテクモといえば無双シリーズでしょう。

敵の大軍をバッサバッサとなぎ倒していくのが気持ちよいアクションゲームです。

 

こちらの作品、様々なIPとコラボレーションしているため、自分が興味のあるIPとコラボしている作品を遊ぶのが一番良いでしょう。

私はゼルダ無双を遊びました。基本的なゲームシステムは同じですから。

ゼルダ無双 (通常版)

ゼルダ無双 (通常版)

 

 

blog.lusaku.jp

 

信長の野望

歴史シミュレーションを確立した30年物のゲーム。歴史好きな方、年配の方に人気です。

歴史上の大名となり軍事力を蓄え、他の大名と戦っていくゲームです。

歴史系のゲームが強いコーエーの特徴的な作品。

 

ちなみに年配の方に「コーエー受けてます」っていうと「コーエーって信長の野望でしょ」って言われる方が多いです。

今の社長襟川洋一氏が作った作品として遊んでおくといいかなとも思います。

 

 

 

その他コーエーテクモのゲーム

討鬼伝

2013年に生まれたコーエーの新規IP。コーエーの和風なところと流行りのハンティングアクションを合わせたゲームです。

 

 

討鬼伝2

討鬼伝2

 
討鬼伝2

討鬼伝2

 

 

デッドオアアライブ

コーエー格闘ゲーム。女性キャラクターが多いのがコーエーらしさ。また、キャラクターを推してスピンオフ作品が出ているのも特徴的です。

 

DEAD OR ALIVE 5 Last Round - PS4
 

 

 

DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune - PS4
 

 

 

ネオロマンスシリーズ

ゲーム業界で「乙女ゲーム」というジャンルを確立した作品。

女性の襟川会長が立ち上げた作品です。

学生生活と非日常が混ざりあう「アンジェリーク」、和風SFファンタジーの「遥かなる時空の中で」、クラシック音楽がテーマの「金色のコルダ」などのシリーズがあります。

 

 

金色のコルダ4 - PS Vita

金色のコルダ4 - PS Vita

 

 

 

 

カプコン

モンスターハンターシリーズ

カプコンといえばこれ。

国内で出せばミリオンは確実。

ダブルミリオン、トリプルミリオンも珍しくない作品。

 

ハンティングアクションというジャンルを確立させ、競い合うのではなく、協力してゲームを行うことの楽しさを世に知らしめた作品。

 

またIP展開に積極的なカプコンならではの商戦も注目してほしいと思っています。

カプコンバーであったり、グッズやオーケストラなど。

 

おすすめは「モンスターハンター4

普段モンハンを遊ばない人でためらいがちなのが「ストーリーがない」という点。

これでモチベーションが続かず、面白みを感じられないという人が多いですが、モンハン4は違います。

ゲームシステムは同じですが、狂竜ウイルスの謎を巡る冒険であったりと先が気になり最後まで遊びやすい作品となっております。

 

モンスターハンター4

モンスターハンター4

 

 

 

ストリートファイターシリーズ

日本ではモンハンに及びませんが、世界で見たらその人気は圧倒的。

何より格ゲーの大会の規模は世界一です。

一度遊んでおくと観戦するのも一段と楽しくなりますし、eスポーツ市場への理解も深まりますのでそういった点でおすすめの作品です。

 

おすすめは「ストリートファイターV

ゲームバランスが非常によく、またコンボが出しやすかったり、システムがシンプル化されていたりと初心者がとっつきやすい作品になっています。

ただオンライン対戦をするようですとマッチングに時間がかかったり、上級者と当たってしまったりと懸念事項が多いので注意です。

 

ストリートファイターV - PS4

ストリートファイターV - PS4

 

 

 

その他カプコンのゲーム

逆転裁判シリーズ

法廷が舞台、主人公は弁護士、依頼人の無罪を勝ち取るべく戦うテキストアドベンチャーゲーム。予想の斜め上を行くシナリオ、超個性豊かなキャラクター、演出をあおる音楽。個人的にもおすすめな作品。

 

逆転裁判123 成歩堂セレクション Best Price!
 

 

blog.lusaku.jp

 

バイオハザードシリーズ

ホラーアドベンチャーというジャンルを確立したゲーム。

映画も大ヒットした作品。ワンコンテンツマルチユースを得意とするカプコンの典型的作品。今冬映画完結編が上映されますし、年明けにはシリーズ最新作もでる旬な作品。

 

 

最後にまとめ

簡単にですが各社の看板タイトル的なものをまとめました。

繰り返しになりますが、必ずしも遊ばなくても問題ありません。

ただ、遊んでおいて損はありません。

興味があればぜひ遊んでみてください。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

 

blog.lusaku.jp

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5