ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

ARMS(アームズ)ダイレクト評価・感想~Splatoonになれないわけ~

任天堂の新規IP「ARMS」

その単体のダイレクトがあったので感想です。

先日自分も体験会に行ってきたのでその感想も踏まえて~

 

youtu.be

 

 

プロモーション

お~お~お~お…

って感じの熱いノリでプロモーションを打ってきた本作。

何やらSFっぽいノリで今回のダイレクトは始まりました。

 

確かにそもそもARMSのキャラの仕組みってどうなってるんだろう…

なんて考えたこともなかったですが、実はゲームの裏設定があるんですね。

このあたりはスプラトゥーンにも通ずるところはあるのかなと。

 

 

キャラクター

公開されているキャラクターが少なすぎて不安でありましたが、

今回のダイレクトで一気に3人追加。

10人参戦っていうのはまぁちょうど良いのでしょうか。

追加でキャラも参戦するようですし、あくまで1作目ですから。

 

そしてキャラが少ない分、それぞれのバックボーンがしっかりしているのはグッド。

メカニッカは本人にARMS能力がないもののあこがれて自分でのび~る腕を作ったとか。

ニンジャラは忍者大学の学生とか

マスターマミーは行方不明の家族を探しているとかまさかのいいお父さん?

そして今回発表された

キッドコブラはYoutuber的な感じであったり。

 

ユーザーの2次創作による盛り上げも楽しみです。

 

アーム能力

f:id:lusaku-lzot5:20170520181946p:plain

属性と重さがあり、しかもそれぞれ特有の能力があるとか。

 

ファイターとの組み合わせも含め、完全にコア向け。

しかもガチャ形式で装備の強化まで存在しているという。

 

オンラインのマッチングは本当に徹底しないと大変なことになりそうですね。

プレイヤーのレベル格差が激しそうですから。

 

 

モード

まさかにこんなにたくさんあるとは思っていませんでした。

特にチームモードとか存在は明らかになっていたものの、プレイヤーがひもでつながれていたり、プレイヤーアタック有効であったりかなりやりごたえのあるモードっぽく、意外とコア向け。

他にもバレーボールやバスケットまであったりと。

モードが分かれるとオンラインが過疎化しないか不安ですが、CPU対戦できれば楽しそうだなと思いました。

 

 

BGM

各キャラクター(ステージ)にメインテーマがあるっていうのが良い。

メインテーマのアレンジが多いのですが、それでもキャラクターの雰囲気を非常に良く捉えていて今回のプレゼンは非常にテンション上がりましたね。

 

やっぱ任天堂の音楽大好きです。

作曲はどなた、どのチームでしょうか。

 

 

グランプリ

キャンペーンモードに近いものでしょうか。

個人的にはこのようなオフラインものがあるのはうれしいですね。

 

ラスボスみたいなものも気になりますし。

ただボリュームが少なそうなのはちょっと不安。

あとは格闘ゲームの宿命ではあるんでしょうけど、同じモードを何人ものキャラクターでクリアしないといけないっていうのは気が遠くなりますね。

 

 

スプラトゥーンになれないわけ

こっからは個人的な意見になります。

別にARMSがつまらなそうとか言っているのではなく、スプラトゥーンとはまた違うなと思っています。

 

一番の理由は

「基本的に1vs1でプレイヤーの実力が色濃く出てしまう」というもの。

 

私は体験会で2戦先勝×2セット、最大6戦の試合をやってきたのですが、

4連敗で何も面白くありませんでした。

私自身がへたくそというのもありましたが、

そんなへたくそな私でもスプラトゥーンは楽しめました。

 

端っこでインク塗っていても楽しく貢献でき、

なんならやられてしまっても、はじける感触は不快でないですし、すぐに復活できる。

デスが多くてもキルが少しでも入れば楽しい。キルの数だけが評価でないですから。

 

そして自分が弱くても仲間次第では勝てる。

そんなゲームです。

 

 

それに対してARMSは基本的には1vs1のガチンコバトル。

どうしてもプレイヤーの実力が出てしまう。

アイテムや実力差補正がどのように影響するかわかりませんが、それでもプレイヤーの実力は色濃く出るでしょう。

そしてやられっぱなしだと楽しくない。

オンラインゲームとしては珍しくありませんが、幅広いユーザー層を抱える任天堂のゲームとしては厳しいものがあるかなと思います。

 

 

例えばスマブラとかもプレイヤーの実力差は濃くでますが、

アイテム補正は強いですし、4人対戦の乱戦ではわいわい楽しく遊べる。

そもそもオンラインがメインのゲームではありませんので、これだけ多くの人に愛されているのだと思います。

マリオカートもまた然りですね。

 

 

ということでどんなにARMSが面白くてもゲーム性上スプラトゥーンのようにはなれないかなと思っています。

 

 

最後にまとめ

そうは言ったものの、楽しみで仕方がない。

久々に格闘ゲーム的なものを遊びます。

 

あとはJoy-Conの操作性。

体験会では思ったようにパンチが出なかったりと苦戦したので慣れるか、あるいはプロコンでの操作性を試してみたいなと思っています。

 

ひとまず予約はしましたし、

来週、再来週の「のび~る腕試し」でたっぷり遊ばせていただきます。

ARMS

ARMS

 

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp