読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

就活解禁前にやるべきこと

就活アドバイス 就活全般

就活始まるまでに何をやればいいですか?

 

色々就活相談を重ねて、就活解禁前のこの時期、一番多い質問は

「就活が本格化する前のこの時期何をすればいいか」

今回はこれについて話したいと思います。

 

 

志望業界の選定

まず本当に今自分が行きたいと思っている業界でいいのか考え直しましょう。

例えば第一志望がゲーム業界だったとします。

ゲーム業界がよくないというのではなく、自分にとってゲーム業界以上、あるいは同等に魅力的なものがないか探しましょう。

今の段階ではちょっと興味のある業界をいくつかピックアップ、そして説明会などが解禁になってから少しずつ足を運んでみる。そういった意味では合同説明会も今から予約しておいて良いでしょう。

そこでもし何かワクワクすることがあればその企業、業界を考えに入れるのも良いでしょう。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160224234953p:plain

 

 

就活サイトへの登録

マイナビリクナビにだけ登録して満足している方、多いのではないでしょうか?

もちろん一番使うのはこの2つのサイトかもしれません。

私はリクナビをメインで使い、リクナビに載っていない企業に応募する際にはマイナビを利用していました。

 

しかしマイナビリクナビは会社にエントリーしやすくなるだけのサイトであり、

選考の力になるコンテンツはほとんどありません。

 

そんな際におすすめしたいのが

就活に役立つコンテンツが多く含まれた就活サイト 

 例えば「Unistyle」ではESが読み放題であったり、

Offer Box」では自己診断ツールがついていたり、登録すると企業からオファーがかかったりという素晴らしい就活サイトが多くあります。

登録しないのはもったいないですよ。

 

 

興味のある企業の選定

またゲーム業界を例にとって話しますがゲーム業界といってもピンからキリまであります。

ゲーム関連でいえば開発会社だけでなくても、出版などでも可能です。

おそらく知らないような企業もたくさんあります。

私はこのような企業をwikipediaから探していました。

例えば好きなゲームをwikipediaで検索し、そのページで開発会社を調べる。関連会社を調べる。そういったことをしていました。意外と知らない会社が見つかるものですよ。可能であればその会社が採用を行っているか。自分が応募できる職種はあるか調べておきましょう。最悪電話などで問い合わせるのもありです。

 

例えば「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうしwikiを調べれば開発元がカプコンであることがわかる。ゼルダは全部任天堂が作っているわけではないんです。

 

他にも「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」を調べてみると開発は任天堂のほかに「グレッゾ」1-UPスタジオなどがある。

メジャーな会社でないのでリンクを飛んでみると「グレッゾ」ゼルダのリメイクを手掛けていたり、1-UPスタジオは旧ブラウニー・ブラウンで聖剣伝説MOTHER3レイトン教授などにかかわっていることがわかる。

さらにwikipediaから各社のサイトに進むと「グレッゾ」1-UPスタジオも新卒採用を募集していたことがわかる。こういった企業の探し方もあります。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160224234648p:plain

 

SPIの勉強

ある程度勉強しておくことをお勧めします。

まずは自分がどの程度でき、どんな問題ができないのかを把握。そこから自分の苦手分野を勉強するといった手法をお勧めします。

あとは慣れなので、多くの企業を練習として受けておくことをのも良いです。

 

私はこういったものを使っていました。

 

これだけ押さえる!SPIでるとこだけ問題集 2019年度 (高橋の就職シリーズ)

これだけ押さえる!SPIでるとこだけ問題集 2019年度 (高橋の就職シリーズ)

 

 

結構薄めですので分からないところをピンポイントで解くイメージです。

 

 

自己PR、志望動機、学生時代に頑張ったことを文章に起こす。

この3つはどこへ行っても聞かれます。

ESでも面接でも聞かれます。志望動機に関しては就活始まってからでもよいですが、業界の志望理由を書けるのであれば練習として書き起こすのも良いでしょう。

 

ただ自己PRと学生時代に頑張ったことはとりあえず書き起こすだけ書き起こしてみましょう。自分がどういった人間なのかの自己分析になりますし、これから就活が本格化してから使いまわすことができます。

 

 最後に

ここまで言ったものの私は就活のスタートは説明会に行ってからだと考えています。

そうでないと行きたい会社に関して何も分からないから。

就活本格解禁まであと1週間。

情報解禁した時にプレエントリーする企業くらいは考えておいたほうが良いと思います。

そのための業界選定、企業選定です。それをしないと 行く会社説明会も選定できませんからね。