読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事!

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

ゲーム業界の年収は?福利厚生は?激務なの?~内定受諾の決め手・就活的メリットデメリット(ゲーム会社編)~

ゲーム業界就活

ゲーム業界から内定をもらったもののゲーム業界って安定していないし、福利厚生よくなさそうだし、薄給激務なイメージあるし…

と、ゲーム業界で働くことに不安を覚えている就活生がなにやら多いようです(ルーサクの就活相談調べ)

 

就活の最後、ゲーム業界に行くか否か悩んだ時のために、他業界と比べどのようなところが優れていて、どのようなところが劣っているか紹介したいと思います。

 

 

 

年収

f:id:lusaku-lzot5:20160613210613p:plain

ゲーム業界は普通の会社と比べ給料が良いか悪いかは比べづらいです。

というのも一般企業は年功序列が多く、ゲーム会社は成果給のところが多いからです。

 

ゲーム会社なら20代で年収1000万円も珍しくないですし、同時に50代になっても年収400万円程度の可能性もあります。(具体的に聞いたわけではないので私の感覚です。)

 

頑張れば頑張るほどお金がもらえる。努力した人は評価される。そんな会社で働きたい人にはゲーム会社をお勧めします。ただ忙しさと給料が見合うかというと…給料は低いですね。

 

 

福利厚生

f:id:lusaku-lzot5:20160613210724p:plain

どちらかというと悪いかと思います。

 

ただ極端に悪いことはなく大手・中堅であれば最低限の保険などは抑えています。

特別なサービスはないところが多いのではと思っています。

 

ただしゲームに関する手当というか、ゲームを買いやすい環境は整っていますよ。

 

 

安定性

f:id:lusaku-lzot5:20160613211719p:plain

ゲーム業界は安定していません。

エンタメ業界である以上仕方ないのですが。

 

調子の良い企業が数年後は赤字かもしれません。

個人個人への影響として多少年によって収入も変わるかもしれません。

ボーナスの幅も広いようです。

 

またそもそも10年後ゲーム業界がどのようになっているかもわかりません。

レベルファイブはアニメ事業が中心になっているかもしれない

バンナムアミューズメント事業が中心になっているかもしれない

コナミはスポーツ事業が中心になっているかもしれない

 

ただ自分のゲーム会社がダメになっても転職は効きやすいというのはゲーム業界の良いところです。

ゲーム業界自体、全世界で考えれば今後も明るい業界だと思っています。

「ゲーム」自体がダメでもグッズ事業、映像事業など各会社サブウェッポンは持っています。

そういった意味では長い目で見れば良い業界かなと思っています。

 

 

仕事量

f:id:lusaku-lzot5:20160613212133p:plain

多いです。

いや多いというよりも忙しさの波が激しいというのが正確です。

 

ゲームのマスターアップ前、ゲームの発売前はとにかく忙しいです。覚悟して入ったもののいざ目の当たりにすると正直ビビりました。

自分も1年目だからそんなに残業しないだろうとか思っていたらそんな甘いもんじゃなく。ゲームの発売前やイベントがある時期は尋常じゃなく忙しいです。具体的なことは言えませんが、既に体を壊している社員も見ていますし、何十連勤という人も見ています。

大体どこの会社も泊まれるようにはなっているとか。

 

一方そうでない時期は暇。

開発陣は好き勝手にゲームを作りますし、業界研究といって仕事中にゲームを遊んでいることもある。

長期休みもとりやすい会社が多いようで海外旅行とか行きやすいみたいです。

 

 

自由度

f:id:lusaku-lzot5:20160613212744p:plain

むちゃくちゃ高いです。

基本私服、髪型自由、裁量労働が多いため出勤時間や休みもことわれば自由(もちろんある程度の規定はありますが)、仕事中に音楽聞ける(これは会社や部署によるかな)、休み時間のタイミングも自由、挨拶や朝礼といったルールがあまりない。上下関係もゆるいし敬語も丁寧語使っておけば問題ないし、もはや敬語をほとんど使わない人だっている。

 

こういった雰囲気が嫌いな人もいるでしょうし、多少会社によって異なります。

一概に良い点とは言えない部分ですね。

 

そして仕事も自由に挑戦させてくれるところが多い。この点に関しても会社によりますが。

 

 

やりがい・楽しい!

f:id:lusaku-lzot5:20160613213057p:plain

ゲーム会社は難点が多いですが、とにかくこの「やりがい」という部分だけでも就職する価値があると私は考えています。

 

ですのでゲームが好きでない人がこの業界で働くのはただの激務薄給な会社で働くようなものですし、決してお勧めしません。

 

一方、ゲームが好きであればとにかく楽しい。

仕事中にテンションが上がることが多々あります。個人的にはゲームの裏事情を知ることができるのは嬉しいですね。

なにより自分の好きなもののために働けることほど幸せなことはないと思っています。

 

 

その他

メリット

ゲーム好きの仲間ができる。

イベントにタダで行ける。

ゲームやグッズがもらえることもある。

ゲームの発売日だって早く知ることができる。

業界内外の有名人に会える。

 

デメリット

楽しみにしていたゲームのネタバレを食らう

オタクのレッテルを貼られる

やりたくもないゲームを休みのうちにやらないといけないこともある

 

 

とにかく一長一短な業界です。ここで挙げた内容が全てのゲーム会社に当てはまるわけでもないですし。

色々書きましたが、結局はゲームが好きかどうかで決めちゃっていいかと思います。

自分の人生をささげてもよいと思えるゲームがその会社にあるのならぜひゲーム会社に進んでみてください。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

 

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5