読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

ゲームの企画書の書き方・例を簡単に解説~合否を分ける企画書のテンプレートとは~

「企画書ってどう書けばいいんですか?」

 

そんなん事務職の俺に聞くなよ

…じゃない。俺が勉強してやろうじゃないか。

と頑張って企画書の書き方を勉強中のルーサクです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160321152923p:plain

 

就活相談を受け付けている中こういった質問は多いんですよね。

 

そこで「知りません」と突き返したくない。

そう思って現役のプランナーの方や専門学生の方などに色々教わったのでシェアしたいと思います。

 

 

 

企画書のテンプレート

そもそも企画書なんて書き方は決まっていません。

自由です。

が、いきなり何も経験のない学生に書けと言われても無理です。

そこで大事な要素というものをピックアップしました。

                   

1.概要

  ①ゲームタイトル(キャッチーなのが良い。略称があるとなおよい)

  ②開発機種(理由必須)

  ③対象ユーザー(理由必須)

  ④ゲーム内容(どのようなゲームなのか)

 

 2.企画の背景

なぜこのようなゲームを作ろうと考えたのか。なぜターゲットをそこにしたのか。なぜその開発機種を選んだのか。

社会背景・消費者動向・市場動向から論理的に説明できるとよいです。

 

 

 3.開発コンセプト

わかりやすく明確に言えるとよいです。

どのような方向性でゲームを作っていくのか。

 

 4.セールスポイント

ゲームのコンセプトに沿ったもので作品の魅力を端的にいくつかあげましょう。

 

 

この順番どおりに沿って書く必要もありませんが、これを基本として書けるとよいでしょう。

 

またそれに加えて

 

料金体系の仕組み(買い切りか、F2Pか、そしてどこで課金が発生するのかなど)も場合によっては必要になってきます。

 

 

ポイント

絵や図を使って分かりやすく。

企画書は分かりやすさ、企画者の意図が伝わりやすいかが重要になってきます。

そのためにも絵や図は必須になってきます。

 

絵を描けなくてもフリーの素材を使ったりすることをお勧めします。

www.irasutoya.com


ゲームの企画書を書く際にも十分使えると聞きました。

 

ちなみに世の中では「ペラコン」という一枚で企画書を書くという専門学生向けのコンテストがあります。ゲーム会社がスカウトするための。

 

「ペラコン」で画像検索すると出てきますのでよかったら参考にして下さい。レベルは高いので参考程度に。

 

 

また実際にゲーム化した作品の企画書もあるので参考までに

www.success-corp.co.jp

 

そして最後に

おすすめの企画書本

ゲームプランナーの新しい教科書 基礎からわかるアプリ・ゲームの発想と仕掛け

ゲームプランナーの新しい教科書 基礎からわかるアプリ・ゲームの発想と仕掛け

 

 多くの企画書の本が世の中にあるのですが、この本に関してはゲーム業界の話からゲームの面白さ、UI、企画書の構成などかなり基礎の部分から丁寧に解説してくれていますので一番お勧めします。

 

 

 またゲームのアイディアは意外なところから生まれるものです。

普段からゲーム以外のエンターテイメントにもアンテナを張り、色々吸収し、それを活かせたらいいかなと思います。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp