読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活レポからゲーム会社に就職したブログ

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

初めてブログを訪れてくださった方にまず読んでほしい記事はこちらから!

おすすめ記事↓ゲーム会社を模したキャラクターたちが活躍中

f:id:lusaku-lzot5:20160430202308j:plain

ニンテンドースイッチ!任天堂NX動画最新情報まとめ~ニンテンドースイッチ初公開映像~

任天堂ニュース

2015年の3月にその名がでてから1年半以上がたちました。我々任天堂ファンはまだかまだかと待っていました。

f:id:lusaku-lzot5:20161020232711p:plain

 

そしてとうとう本日その詳細がようやく発表されました。

動画はこちら

 

youtu.be

 

www.nintendo.co.jp

 

ニンテンドースイッチ

その名はニンテンドースイッチ

 

f:id:lusaku-lzot5:20161021065546p:plain

予想通り、据え置きと携帯機を持ち合わせたもの。

WiiUゲームパッドの横に取り外し可能なコントローラーが2つ(ジョイコン)付いている感じ。Wiiリモコンとヌンチャクに近いですね。

f:id:lusaku-lzot5:20161021065614p:plain

 

ただしくっついていないため動画では二人でこのコントローラーをシェアしてマリオカートを遊んでいる姿が見られましたね。

 

画面のついているスイッチ本体は縦持ちして任天堂スマホゲーム遊べるんじゃないかとか想像を掻き立てられます。

 

 

携帯機と据え置きのメリット

最後に推されていたのは、自分のニンテンドースイッチを持ち寄り、大会の会場で皆がテレビに接続、個人のスプラトゥーンのデータで大会に臨めるといった感じ。

f:id:lusaku-lzot5:20161021065729p:plain

 

また飛行機で携帯機としてのスイッチを遊び、ホテルに着いたら部屋に置いてあるスイッチとテレビをつなぐ機械(ドック)に接続して続きをテレビでプレイといったシーンも見受けられました。

任天堂はこの「ドック」を例えばPS2のDVD再生機能のように一般家庭に普及させる気があるのかなとか思いました。

 

また携帯機のほうが普及しやすい性質を持っています。

3DSWiiUの普及絵台数を見比べればよく分かります。

これを解決できるのがニンテンドースイッチなのかなと。

 

 

ソフト、ロンチタイトル

特にソフトについて発表はありませんしたが、「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」、「マリオカート」、「3Dマリオ」、「スプラトゥーン」、「FPAの狩りゲー」、「バスケのゲーム」などが見受けられました。

もちろんデモ用の可能性もありますので現段階では何とも言えませんね。

 

個人的にゼルダの新曲がメインテーマアレンジで興奮していました。

 

 

価格

携帯機と据え置きを兼ねているとなると値段が気になります。

 

やはり普及のために安くするには従来の携帯機のように2万円程度が求められるのかなと。

あの発売半年で2万5千円から1万5千円に下げた3DSの失敗を繰り返さないためにも。

 

そしてあの携帯機とテレビをつなぐ機械。あれはまた別売りなのかなと。

スイッチは一人1台。テレビとつなぐ機械は一家に1台的な。

 

 

発売日

結局明らかになりませんでしたね。

2017年3月のまま。

決定できない事情があるのかもしれません。他社の状況も見えていませんしね。

 

3DSは発売3か月前の発表となったので、発売日決定は年明けでもおかしくないかもしれません。

あえてのクリスマス商戦後の発表的な。

 

パートナー企業

公式ホームページにはパートナー企業が。

f:id:lusaku-lzot5:20161021070247p:plain

 

 大手国内外のゲーム会社は問題ないかのように参戦。

特筆しそうな点をあげておきます。

 

ユニティ(unity) 

ゲーム開発エンジンのこと。

これはかなり気軽に使えるエンジンでこいつがパートナーとなるとインディーズのゲームの参入待ったなしといったところ。

 

ユビタス(ubitus)

クラウドコンピューティングの会社。つまりクラウドゲームが遊べる可能性が高いということ。そのゲーム機本体にゲームがなくても、クラウド上(サーバー上)でゲームが遊べるということ。

ハード本体の処理能力を超えていても、クラウド上の高性能なPCの処理能力を使って最高のゲーム体験ができる可能性があるってことです。

 

トーキョーRPGファクトリー

いけにえと雪のセツナのために設立された会社。

作品はまだこの「セツナ」しか出していない。 

この作品自体は売れなかったため「セツナ」絡みの続編はないと思っていた。

が、ここに名前があるってことは期待していいんですよね。個人的に結構好きなゲームであり、古き良きRPGを現代風にするという点で期待していたので。

blog.lusaku.jp

 

個人的な感想

良くも悪くも予想通りというか。

 

ただし、いつでもどこでもできる携帯機は大好きですし、私自身のWiiU起動率が低いのもテレビにつなぐ必要があるから。面倒であったり家族の都合があるから。でももちろん大画面のテレビで遊びたい。そんな希望を叶えてくれるハードだと思っています。

 

あとは細かい機能が気になりますね。

スマホとの連動はあるのか。

ネットのサービス、動画投稿などの機能はあるのかなど。

 

とりあえず近々決算説明会ありますし、ニンテンドーダイレクトも開催されるかと思います。詳細を待ちましょう。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5