ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

無料で遊べるPSVRおすすめゲームソフトまとめ~初めてのゲーム体験の感想と問題点~

とうとうPSVR開封しました!

何がいいってこの箱!わくわく感が止まりません。

f:id:lusaku-lzot5:20161023111833j:plain

そして超丁寧で分かりやすいスタートアップガイド。

f:id:lusaku-lzot5:20161023112202j:plain

ぶっちゃけコードの本数がむちゃくちゃ多く、配線が複雑です。

それを簡単に見せてくれるのがこのガイド。セットアップの動画も公開されているほどの徹底ぶり。

 

youtu.be

ここにソニーの本気を感じましたね。

 

 

さて本題です。

PSVRってとりあえずゲームソフトを買わなくともある程度無料で遊べちゃうんです。

というのもVR向けの無料ソフト(体験版を含む)がいくつか配信されているから。

 

今回はそれを紹介したいと思います。

 

 

 

THE PLAYROOM VR

f:id:lusaku-lzot5:20161023112643p:plain

SIEが出しているVRを遊ぶのにもってこいのソフト。

 

Wiiでいう「はじめてのWiiパック」や「Wii Sports」に近いですね。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161023112726p:plain

中にはいくつかのゲームを収録。

ミニゲームパーティーゲーム形式のものです。

 

まだ1人用の『ROBOT RESCUE』しか遊んでいないのですが、VRの面白みというものを感じました。

 

没入感がすべてではない

VRの推しって「没入感」が一番に挙げられているかと思います。

 

ただ、この作品のセールスポイントって「ゲーム画面が広い」「コンローラーとの一体感」だと思っています。

 

「ゲーム画面が広い」というのは、例えば隠されたコインが思いもよらぬところに隠されていうこと。

この作品ではマリオのように3D空間でゴールを目指し進んでいくゲームなのですが、途中途中に救出すべきロボットが隠れています。

それが自分の斜め後ろであったり、足元であったりと、実際に首を動かして視点を変えないといけないところに隠れている。この今までなかったゲーム体験ができるのはあのWiiを初めて触ったときの感覚に近い感激がありました。

 

そしてもう一つの「コントローラーとの一体感」

f:id:lusaku-lzot5:20161023113702p:plain

視界全てがゲーム画面になっているVRってコントローラーがどこにあるか分からないくなるんです。その問題点をゲームにうまく利用したのが「コントローラーとの一体感」です。モーションセンサーを利用して自分のコントローラーが画面上に浮かび上がってきます。これを利用した仕掛けがいくつか。

これは他のゲームでも見られましたね。

 

 

初音ミク VRフューチャーライブ

f:id:lusaku-lzot5:20161023113849p:plain

初音ミクシリーズのVR専用タイトル。体験版を遊んでみました。

個人的にはこういったタイトルがVRに合うなと思っています。

 

基本的にはライブを見るような作品。

ただしモーションコントローラーを振ってリズムをとったり、ボタンを押して定番のリズムゲームになるシーンもあります。

 

酔いがない

VRの問題点として「酔い」があげられています。それは画面の移動と自分の移動(実際には座っている)が異なっているから。

しかしこの作品にはそういった問題点がありません。

だから思い切って楽しめる。大きな魅力だと思っています。

 

ライブの席が自由で最高

ライブを楽しむという形で進行するこの作品。

その席が自由なんです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161023113828p:plain

ステージのど真ん前でもよし、ちょっと後ろで観客がサイリウムで盛り上がっているのを見るのもよし、2階からライブ全体を見渡しながら見るのもよし。それをライブ中に瞬時に変えられる。

 

そして演者があの初音ミクですから宙に浮いたりもする。自分も宙に浮いた位置でライブを見ることができる。この作品の良いところです。

 

 

Invasion!

アニメ作品です。

f:id:lusaku-lzot5:20161023114029p:plain

始められない?

ちょっと最初がわかりづらいです。最初の画面で青い宇宙人に視線を合わせ、×ボタンを押すとスタートします。

VR作品ってインターフェイスが自由というか、従来のボタンではなく視線を合わせたりモーションセンサーで反応するものが多いです。それに日本ではあまり見られないバツボタン決定というのが加わりちょっと分かりづらくなっていましたね。

 

5分ほどのほのぼのショートアニメーション

ウサギが宇宙人とちょっとしたやり取りをする作品です。

ウサギが後ろから来たり、宇宙人が上から来たりと見渡さなければならないシーンが多く、そういった意味でVRを生かせている作品です。

 

 

Allumette

f:id:lusaku-lzot5:20161023114153p:plain

こちらもアニメ作品。

空に浮いた街が舞台ですので真下まで舞台になっているのが特徴的です。

そして飛行船が右から左へと。

 

美しいアニメーションが特徴的です。

こちらの作品は15分ほどと少し長め。やや退屈でもあります。

 

前者のアニメもそうですが、没入感って意味でのVRの良さが生かせていなかったのはちょっと残念な点でした。

 

 

シン・ゴジラ VR

f:id:lusaku-lzot5:20161023114347p:plain

1~2分のムービー

自分がゴジラに襲われた街で動けず、そこから歩き回るゴジラを眺めるというもの。

 

ボリューム不足ではありますが、すぐに見終われるので良いかもしれません。

ただこれに関しては自分が本当にゴジラの世界観に入り込んでいるという気になれる。その点はこのゴジラという作品に非常にマッチしていたと思っています。

 

 

PlayStation VR Demo Disc

VRタイトルの体験版集。

収録作品は「VR WORLD」「RIGS Machine Combat League」「Rez Infinite」「つみきBLOQ VR」「DRIVECLUB VR」それぞれ遊べる範囲はかなり狭いです。

 

VR WORLD

【PS4】PlayStation VR WORLDS(VR専用)

【PS4】PlayStation VR WORLDS(VR専用)

 

 

この作品の中にはさらに5つの作品が収録されています。

ただしこの体験版で遊べるのは

Ocean DescentとThe London Heistの2作品

 

Ocean Descent

f:id:lusaku-lzot5:20161023114907p:plain

海の中を眺める作品。

製品版にはサメが登場するモードがあるのですが、体験版には未収録。

ただ深海を眺める地味な作品になってしまっています。

 

The London Heist

f:id:lusaku-lzot5:20161023115057p:plain

射撃を遊べます。

モーションコントローラーに慣れないと結構難しいです。

VRの毛色よりもWiiに近い感触です。

 

 

RIGS Machine Combat League

f:id:lusaku-lzot5:20161023115250p:plain

e-sports化も視野に入れているこの作品。SFスポーツのFPSです。

あのコクピットに乗り込む感じはメトロイドフェデレーションフォースを彷彿させます。

 

VRとの相性は非常に良い。敵が後ろから迫ってくる恐怖。視線を変えて敵を探す。

ただ酔いは激しいです。

それが解消できれば面白いんだけどなってゲーム。

【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用)

【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用)

 

 

 

Rez Infinite

f:id:lusaku-lzot5:20161023115502p:plain

2001年に発売され、音楽と視覚を融合させることをコンセプトとし、心地よさを極限まで求めたシューティングゲームRez」。数々の賞を受賞したこの作品がHDやキネクトなどを経て、遂に水口プロデューサーが求めていた最高の没入感を投入し、ようやく完成形に至った作品。

 

が、体験版ではほとんどプレイできません。残念です。

評価は良いみたいですので興味がある方はぜひ。

 

 

つみきBLOQ VR

f:id:lusaku-lzot5:20161023115609p:plain

つみきを組み立てていくミニゲーム的なゲーム。

VR機能よりもモーションコントローラーが活躍する作品です。

 

コントローラーを実際に動かしてゆっくりとバランスよく載せていく。

11月17日発売で1080円のタイトルですので、そのくらいのボリューム感です。

 

 

DRIVECLUB VR

f:id:lusaku-lzot5:20161023115655p:plain

レースゲームです。

走っている感覚が直に伝わってきます。疾走感が素晴らしいです。

 

ただしこちらの作品は酔いが非常に激しいです。

まっすぐ等スピードで走っていても酔います。完全に車酔いと同じ原理ですね。

といっても車と違って慣れていないからか1分ぐらいで山道を運転した車に乗っていたくらいのひどい酔いを感じます。

酔いに非常に強い人でないと遊べない気がします。

 

 PSVRの問題点

酔い対策

最後に全体を通した感想です。これが一番ですね。

 

自分が動かずに眺めるタイプの初音ミクライブだとかはほとんど問題ありません。

問題は画面が激しく動くアクションゲーム。

レースゲームである「DRIVECLUB VR」、FPSの「RIGS Machine Combat League

」はすぐに酔いますしそのレベルも激しいです。本気で吐きそうになりました。

 

どうやら市販の酔い止め薬などで対策できるようですが、プレイの度に飲むなど辛い。

やはり技術的な問題もあるようで今でも日々研究が進められているとのこと。

それまでは下手にアクションの激しいVRゲームを買うのはお勧めできませんね。

 

 

没入感

 

これは微妙なところ。

ものによっては自分が部屋にいることを忘れてしまうくらいのものもあるのですが、外部の音が聞こえてしまうと一気にその没入感は削がれます。

ですのでイヤホンは良いものを、そしてヘッドフォンをつけるのがお勧めですね。

 

VRの形的に普通のヘッドフォンはつけられないのですが、専用のヘッドフォンも売っていますのでそちらをお勧めします。

【PS4対応】PlayStation VR用ヘッドホン

【PS4対応】PlayStation VR用ヘッドホン

 

 

 

画面が荒い

正直むちゃくちゃ荒いです。ひどいです。解像度はかなり悪い。

3DSの3D機能よりもひどいかなって思っています。ここは非常にもったいない。

もちろんテレビに映し出される映像(視界的にはVRと同じものが映し出されています)は綺麗なのですがVRの方は荒い(汚いわけではない)

 

こちらも技術の進歩でなんとかしてほしいなとか思っています。

あるいは技術の水平思考じゃないですけど、VRの視界範囲を狭くして画質を良くするとかできないのかなとかも考えています。

 

 

まとめ

今回紹介したのは無料のソフト基本的にはどれも体験版です。

ただおすすめできるのは

「THE PLAYROOM VR」

初音ミク VRフューチャーライブ」

の2つですね。

 

前者に関してはVRの同梱ソフトと考えてよいでしょう。

ソニーがしっかり作ってくれました。

 

そして後者に関してはVRの良さを最大限に発揮できているソフトかと。

初音ミクファンにはぜひ買っていただきたい1品です。こちらの体験版を遊んでみて購入を検討してみてください。

 

近々 有料ソフトの紹介も行っていきますのでよろしくです。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

 

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5