ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

ゲーム会社ランキングからサッカーのポジションに例えてみた

もし日本のゲーム会社でサッカーをしたら

 

 

今回は少し楽しむタイプの記事ですので真面目に考えすぎないでください。

 

 

サッカーのポジションといえど、別にサッカーに関して特別詳しいわけでもないのであおくまで保守的か積極的かといった感じに捉えてくれれば良いと思います。

 

上から順(図では下から)に保守的にといったように考えていただければ幸いです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160301010513p:plain

 

 

GKゴールキーパー

任天堂

日本のゲーム業界の守護神。この会社がいなくなる時はゲーム業界がなくなるときでしょう。

また家庭用ゲーム以外のビジネスモデル、スマホゲームやIP戦略に関しては他社に比べ圧倒的に動きが遅く、保守的ですのでゴールキーパーというポジションにしました。

 

blog.lusaku.jp

 

DFセンターバック

コナミ

任天堂と同じく保守的な会社。

ただ任天堂が新規事業などの挑戦をしないのに対し、この会社は儲ける事業を着実に抑え、リスキーな経営戦略をとらないという特徴があります。

安定感でいえば抜群な会社ですが、「ゲーム会社」のセンターバックとしてはそぐわないかもしれません。

 

blog.lusaku.jp

 

DFサイドバック

コーエーテクモ

保守的というよりも経営が安定しているという点でDFに抜擢。

その安定感は他社からの信頼。任天堂からゼルダスクエニからドラクエの開発を任されるといったほど。

もちろんサイドバックとして攻めることも忘れず、IPの幅広い展開やスマホゲームに関しても攻め続けています。

 

blog.lusaku.jp

 

DFサイドバック

スクウェア・エニックス

コーエーと同じく安定感からDFに選出。積極的なIP活用であったりスマホゲームでも成功している最近調子の良い会社。

ドラクエ、FFといったIPがある以上安定し続ける会社です。

またドラクエ30周年の企画でわかるようにコーエー以上に攻めの姿勢を忘れない、というか攻めた時の攻撃力が尋常じゃない会社。

 

blog.lusaku.jp

 

MFボランチ

バンダイナムコ

大企業としての安定感があり、常に自分の得意な版権ビジネスという戦略で保守的な会社。

自分の会社の調子が悪くても、他の会社にIPを借りることができるためかなり安定しています。周りの力を活用する力にたけているといった感じでしょうか。

 

blog.lusaku.jp

 

MF ウイング

マーベラス

ゲーム会社という側面と同様に映像制作会社であり、舞台などのイベントも手掛けているような会社。

最近は閃乱カグラルーンファクトリーの調子がよく、アミューズメントも含めゲーム関連では攻めに回っている方。

 

 

MFウイング

セガ

特に昔はたくさんのハードを量産するといった攻撃的な面がありましたが最近はようやく落ち着いた感じ。

といってもその新しいものに挑戦するという精神は今でも会社の中にあるため、大手として安定感のあるMFの中でも攻撃的な立ち位置にいるのかなと思っています。

 

blog.lusaku.jp

 

MFトップ下

カプコン

ゲーム会社の中では攻撃的な方になります。

というのも「ワンコンテンツマルチユース」という幅広いIP戦略によって映画やアニメといった様々な分野に自社のゲームのIPを売り込めているから。

そういったことができるのもモンハンやバイオハザードストリートファイターといった絶対的安定感のあるIPがあるから。

 

blog.lusaku.jp

 

FW セカンドトップ

ガンホー・オンライン・エンターテイメント

スマホのパズドラがメインですが家庭用にも進出しているので。元々オンラインゲームの会社ですし。フットサル出身のサッカー選手的な。

自社開発の買い切り家庭用ゲームは少ないものの、スマホゲームであれだけ破壊力のあるものを生み出せ、家庭用ゲーム好きな森下社長がいれば家庭用ゲーム業界に旋風を巻き起こせるでしょう。

 

 

FW セカンドトップ

レベルファイブ

攻撃力といえば妖怪ウォッチでお馴染みのこの会社。

ただ、クロスメディア妖怪ウォッチといった特定のプレイスタイルしか得意でないため、これから新しいIPの同時展開など新しい戦術を身に着けてほしいところ。

 

blog.lusaku.jp

 

FW 1トップ

SCE(4月からSCI)

グローバルな大手、そしてハードメーカーという守備力の高さを持ちながらも、VRといった先端技術による積極的な攻めの姿勢も忘れない。そんな会社です。

そして他の会社とはまた違う孤高のストライカー。まさに任天堂と似ているようで対極の位置にいる選手です。

 

blog.lusaku.jp

 

 

最後に

あくまで嗜好記事です。

サッカーのポジションに関してもゲーム業界に関してもなんとなーく感じているイメージです。

 

ちなみにこの記事、自分がサッカーのポジションに例えられた記事にインスピレーションされたものです。

selves.hatenablog.com

 

またゲーム会社に関する詳しい話はこちらの記事を見てください。

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp