ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

サマーレッスン~女の子とVRでイチャイチャするPVを真面目に評価する理由~

f:id:lusaku-lzot5:20161003214156p:plain

サマーレッスン。

ゲームの世界に入り込んで女の子とイチャイチャするゲーム…

というと聞こえがあまりよくありませんが、この作品にはVRロンチタイトルとして非常に期待しております。

 

 

VRとは?

VRっていうのはこんなものをつけて

 

f:id:lusaku-lzot5:20161003214337p:plain

360度全方向にゲームの映像が見える、プレイしている人間が実際に後ろを振り向けば後ろにあるものが見える、つまりゲームの世界に入り込んだような感覚になれるわけです。 

関連記事

blog.lusaku.jp

 

 

ということでこのゲームはむちゃくちゃ相性がいいだろうと。

そもそもVRの魅力が最も伝わるよう、技術デモとして作られ、ユーザーの熱い製品化の声に応えたのがこの「サマーレッスン」。そりゃVRとの相性が良いに決まっています。

 

しかしVRは体験してみないとその本当の面白さは分からないはず。

なのになぜこんなに前評判がいいのか、私がなぜこの作品を推すのか。

それにはVRとの相性であったり、実際に体験した人の声だったり、いくつか理由があります。

 

特に私がこの作品の前評判が良い理由として、「魅力の伝え方」が非常に優秀という点を挙げます。

 

プロモーション動画

まずはこのPVを見てください。

youtu.be

 

 どうでしょうか。非常にワクワクしたのではないでしょうか。

私自身恋愛シミュレーションを遊んだことはありませんし、特別興味のあるジャンルではありません。普通にリアルの女の子の方が好きです。(正直言うとライトニングのコスプレしてる子とかが好き)

ただそれでもこの作品に魅力を感じてしまう。

 

個人的な意見にはなりますが少しこのPVを解説したいと思います。

 

100%プレイヤー目線

ゲーム本編は常にプレイヤー目線で進行します。

それをPVでまるっきり再現できている。当たり前といえば当たり前ですが、同じ主観視点のゲーム、FPSではそういったPVを作ることはできません。なぜかというとそれだけでは魅力が伝わらないから。しかしサマーレッスンでは主観視点だけのPVで魅力を伝えることができる、というかむしろ主観視点でないと伝えることができない。

f:id:lusaku-lzot5:20161003224408p:plain

また主観視点によって生じる微妙な画面のブレや女の子の近づいてくる様というのが非常に臨場感を引き出しています。このゲームの良さを伝えられていると思っています。

顔を寄せてくるシーンは本当にドキッとする。

 

 

視聴者の気持ちを代弁してプレイ欲求を高めている。

f:id:lusaku-lzot5:20161003224441p:plain

「思わず、おじぎを返してしまった。」

「気づけば、こっちもひきこまれていた。」

「だんだん会話がはずんでいく。」

「つい、からかってみたくもなる。」

というプレイヤーの心情がPVの中で文字ナレーションされています。

 

この気持ちの代弁というのが、このゲームを遊んだ感想というのをダイレクトに伝えてくれていて非常にプレイへの欲求を掻き立ててくれる。

 

PVでゲームの感想をダイレクトに入れてくるのって結構珍しいですよね。

 

宮本ひかりの魅力、声優

f:id:lusaku-lzot5:20161003222534p:plain

ちなみにこの女の子「宮本ひかり」といいます。

 

とにかく王道できたなという印象。万人受けしやすそうな女の子をチョイスしたなと思っています。

声優はどなたかわかりませんがこれも変に可愛子ぶっていたり可笑しなテンションであるわけではないです。一言でいうと「モテそう」な女の子です。

 

どんな恋愛シミュレーションでもやはり攻略対象が魅力的でないとゲームの面白みは半減します。だからといってVRである以上女の子のタイプを増やせるわけではない。だからこそ誰にでも受けそうな女の子のクオリティを高めてぶつけてきた。そんな印象を受けました。

 

同じ恋愛シミュレーションVRの「しあわせ壮の管理人さん」の女の子は3人いますが、正直この3人の誰かよりも、サマーレッスンの1人(発売時)の方がタイプという人の方が多いと思います。

f:id:lusaku-lzot5:20161003220147p:plain

 

追加コンテンツの魅せ方

さらに最新のPVには追加コンテンツの情報もあります。

こちら。

youtu.be

1:25以降になります。

このテンポが最高だと思っています。

え、7日間だけなの。

全部家で終わっちゃうの。

女の子とあんなこともこんなこともしたい。

 

まさにそんなユーザーの希望にこたえてくれている。

PVを見ながら、そんなのもありかよ!?って思いながらポンポンと追加コンテンツがあらわになる。ここも魅せ方が上手だなと感じました。

 

 

アリソンの追加時期は?

f:id:lusaku-lzot5:20161003223730p:plain

さて。もはやPVの魅せ方とは話は変わりますが、この金髪の女の子「アリソン」追加はいつなのでしょうか?

公式サイトでは

 

VRキャラクターとふれあえる新シチュエ-ションを継続的に開発・配信していくプロジェクト

summer-lesson.bn-ent.net

とのことで、シリーズ化も明言されていますので期待してもいいかと思っています。

 

個人的には「宮本ひかり」よりも「アリソン」派。

もちろんクオリティは落としてほしくないのですが、色んな女の子を追加してもらいたいですよね。

 

不気味の谷を超えたこの女の子みたいなのも遊んでみたいなとか。 

f:id:lusaku-lzot5:20161003222206p:plain

実写じゃないです。CGです。

 

まとめ

最後は少し暴走してしまいました。

 

まとめますと非常に魅せ方が上手なPVだと思っています。

きっと開発も「遊ばないと伝わりにくいVRの魅力をどうやって伝えるか」模索したんだと思います。

 

といえどもやはり遊ばないと魅力は伝わらない。

早く遊びたいですね。

10月13日発売です!

↓実際に遊んでみた感想はこちら

blog.lusaku.jp

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp

 

よろしければツイッターのフォロー及び読者登録よろしくお願いします!

@lusaku_lzot5