読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

サードパーティー、ファーストパーティー、セカンドパーティーの違いとは~ゲーム会社の分類~

うちの会社はサードパーティーなので…

 

こんにちは。ルーサクです。

 

よくゲームの話で「ファーストパーティー」「サードパーティー」って単語が出てきますよね。

なんとなくわかるという人も多いかと思いますが、せっかくなので解説しておきたいと思います。

ちなみにここではゲーム業界においての「○○パーティー」について解説します。

 

 

まずこの「○○パーティー」はゲームが分類されるのではなく、ゲーム会社が分類されます。特にコンシューマーゲーム会社に関してですね。またこれらの分類はゲーム会社のゲームの作り方、売り方、会社同士の関係などによって分けられます。

 

 

ファーストパーティーとは

一言でいうと「プラットフォーム・ハードを提供している会社」のことです。

つまり大手だと任天堂SCEMicrosoftとなるわけです。というか実質この3社だけのようなもの。

 

プラットフォーム、ハードとは「ゲーム機本体」のこと。

3DSWiiU、PS4などのことですね。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160316212722p:plain

メリットは作りたいソフトに応じてハードを作ることができる点。逆に言えばそのハードの個性を活かしたゲームを作りやすいわけです。

例えば任天堂WiiUゲームパッドの2画面やジャイロ機能を生かしたソフトが多く出ています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160316212816p:plain

また当たり前といえば当たり前なのですが、ソフトを遊ぶにはハードが必要となるため、自社の製品であろうが他社の製品であろうが、自社のプラットフォームで売れるソフトが出ることでゲーム機本体の売り上げも伸びるというメリットもあります。

カプコンモンスターハンターレベルファイブ妖怪ウォッチで売り上げを伸ばした任天堂3DSがまさにこの例でしょう。

 

 

サードパーティーとは

ファーストパーティーと違ってハードを持たず、それぞれのハードに対応するゲームソフトを出す会社です。

 

大手だとスクウェア・エニックスカプコンなどが当てはまります。

 

例えば任天堂(ファーストパーティー)が販売している3DS(ハード)で、モンスターハンター(ソフト)を販売するカプコン(サードパーティー)といった関係になります。

 

なのでソフトメーカーと呼ばれることも多いですね。

 

こちらはハードを作ることができないため、どうしてもハードの機能の制限の中で作る必要が出てきてしまいます。ファーストパーティーは作りたいソフトを前提にハードを作る、あるいは処理能力などの関係で作れないソフトがあればそれに合わせて新しいハードを作るという戦略が取れるのに対し。

 

一方でサードパーティー好きなハードにソフトを提供することができます

その時の市場の傾向などに合わせて

有名な例ですとスクウェア・エニックス(旧エニックス)のドラゴンクエストシリーズですね。

このシリーズは普及しているゲーム機で販売することに重きを置いています。

なのでドラクエⅠ~Ⅵまでは任天堂ファミコンスーパーファミコン

ドラクエⅦ、ⅧはSCEプレイステーション

ドラクエⅨは社会現象にもなっていた任天堂のDSでといった売り方をしてきました。

これがサードパーティーの強みです。

f:id:lusaku-lzot5:20160316213015p:plain

ドラクエやFFが任天堂のハードからSCEのハードに提供されることで、

任天堂SCEの関係が逆転しました。

力のあるサードパーティーがファーストパーティーに影響を及ぼすこともあります。

 

 

 

セカンドパーティー

セカンドパーティーに関しては、上記の2つに比べ登場頻度は少ないですし、定義もさらに曖昧なのですが、一応解説しておきます。

 

セカンドパーティーとはファーストパーティーと資本的に強い関係を持つ子会社、関連会社であることが多いです。

そのためセカンドパーティーは関連するファーストパーティーでソフトを販売することが多いです。

 

ファーストパーティーから開発を任される、あるいは共同開発といったパターンが多いです。

 

例えばインテリジェントシステムズ(セカンドパーティー)任天堂(ファーストパーティー)の協力のもと3DS向けファイアーエムブレムifを開発する。(販売は任天堂)

といったものです。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160316214416p:plain

左の2人が任天堂の方。

右の2人はインテリジェントシステムズの方。共同開発です。

 

この話を詳しくするにはディベロッパー(開発元)とパブリッシャー(販売元)の話をしないといけないのでそれはまた別の機会に。

発売元・販売元(パブリッシャー)と開発元(デベロッパー・ディベロッパー)の違いとは

 

セカンドパーティーに関しては資金的にも技術的にもファーストパーティーの援助を受けやすいというメリットの代わりに、発売するハードは自社が従属しているファーストパーティーのハードに縛られるというデメリットもあります。

 

他に代表的なセカンドパーティーといえばカービィHAL研究所ポケモンゲームフリークバンジョーとカズーイのレア社などがあります。

レア社は以前は任天堂の子会社でしたが今はマイクロソフトの子会社になっています。

 

 最後に

定義があいまいなものではありますが簡単にはこのようになっています。

知っていたからなんだという感じもしますし、私自身もゲーム業界就活中このワードを聞いたり聞かれたり話したりすることはありませんでした。

ただ話の引き出してとして知っておいて損はないと思います。

ぜひ覚えておきましょう。

 

関連記事

blog.lusaku.jp

blog.lusaku.jp