ゲーム業界就活・転職レポ!!

100万円以上自己投資をして成長し、ゲーム会社の内定を得た筆者がゲーム業界への就活体験記をあげたり、ゲームを語ったり、ゲームの感想レビューをあげるブログ

まず初めに読んでほしい記事12選!

MENU

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD評価・感想・レビュー~獣の試練、追加要素を中心に~

トワプリやっぱ好きだわ~

ってなりました。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160405001327p:plain

こんにちは。ルーサクです。

 

ゼルダの伝説トワイライトプリンセスHDをクリアしましたので追加要素を中心に感想書きたいと思います。

 

 

 

 

獣の試練

今作実質唯一の追加要素。

ウルフリンク&ミドナamiiboをタッチすることで解放される40F構造のダンジョンでウルフリンクでのみプレイ可能。

ひたすら敵を倒していくタイプですので「大妖精の試練」のウルフリンク版と考えていただけたらよいかと。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160405001723p:plain

単調ですので「大妖精の試練」が好きだった人は好きですし、嫌いだった人はこのダンジョンも嫌いだと思います。

 

ただ大きな違いのポイントとしては

・「空き瓶」が使えない

・武器の消耗を考える必要がない

・戦い方が限られるのでウルフリンクの戦い方がものをいう

 

 

「空き瓶が使えない」

「大妖精の試練」は空き瓶に何を入れていくかがカスタマイズ的な意味で面白みがあったと思っています。そして使うタイミングも。

レアチュチュゼリーをここで使うか、青い薬をハート1個ギリギリになるまで残しておくかそれとも安全にハート2個のうちに使っておくか、ハートが全回復しないものの万が一薬を使い損ねてハートが0になったときのために妖精を用意しておくか。

そういった駆け引きに面白みがありました。

 

ウルフリンクはもちろん空き瓶は使えませんし、妖精も発動しません。

 

一方でamiibo(ゼルダorシーク)を持っている人はこれらのamiiboでハートを全回復することができるのでそのタイミングの駆け引きはありますが、基本的にはいかにダメージを受けずに戦うかという立ち回りがメインです。

f:id:lusaku-lzot5:20160405001946p:plain

 

 

武器の消耗を考える必要がない

「大妖精の試練」では武器を使うことができます。

爆弾や弓矢は遠距離攻撃ができるため安全に戦うことができる一方、消耗品であるがゆえにどのタイミングで使うかの駆け引きがあります。

悪く言えば後にどんな敵が出てくるかわからないのに武器を安易に使えない、初見殺し的な一面もあります。

 

一方「獣の試練は」それを考える必要がない。

駆け引きがなくなるというデメリットはあるものの、初見でもとりあえずガンガンいこうぜとなる点は評価できるかと。

 

 

ウルフリンクの戦い方

人によって多少好みはあると思いますが、普段は人間リンクの方がアイテムも使え奥義も使え使いやすいのでウルフリンクで戦う機会はあまりないかと思います。

 

いざウルフリンクで戦うと新しい世界が開けたようで新鮮な体験をできます。

 

機動力は高いため逃げ回ってからの奇襲であったり、ヒット&アウェイが有効であったり。

また隙が大きいが威力は強力な「結界攻撃」をどう使うかなどの駆け引きも生まれます。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160405002033p:plain

 

そして獣の試練をクリアすると9999ルピーまで持てる底なしのサイフのほかにご褒美が。

それはぜひ自分で確かめてほしい…

というもののやっぱり写真を貼っておきますので閲覧注意です。

 

 

 

 

 

 

f:id:lusaku-lzot5:20160405002549p:plain

amiiboと同じ形の像が見られます。

このサプライズはうれしかった。

 

UIの評価、変更点

今作の一番の評価点は「ゲームパッドでウルフリンクと人間リンクを瞬時に切り替えられる点」だと思っています。

オリジナルではわざわざミドナに話しかけなければいけなく5秒ほどのラグがありました。それを何度も繰り返すのはストレスに感じます。そこが0.5秒ほどになったのですからストレスフリーなわけですし、移動の速いウルフリンクをこまめに使えるようになりました。

 

他にも個人的には武器の配置が固定になったのは結構嬉しかったり。

時のオカリナ風のタクトのように関連する武器が近くに置かれる方式です。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160405002112p:plain

 

HD化されたグラフィックがきれい

f:id:lusaku-lzot5:20160405002153p:plain

もちろんこれは言うまでもありません。

ただゲームプレイ中はあまり気が付かず、どちらかというとムービーシーンできれいだと感じる程度。

風のタクトHDが大幅に変わったのに比べるとこちらはあまりインパクトがなかったというのが率直な感想です。

f:id:lusaku-lzot5:20160405002243p:plain

 それでもゼルダミドナは美しかったです。

 

以下追加エンディングのネタバレあり

 

 

 

 

 

追加エンディングが残念

時のオカリナムジュラの仮面のリメイクで追加されたエンディングは音楽が特にその作品を象徴するような音楽でしたので今作も期待していました。

…が既存の音楽に真っ黒の背景。音楽自体はお気に入りだったものの期待していただけに拍子抜けでした。

 

 

総評

世界で一番遊ばれたゼルダであり、個人的にも時のオカリナの次に好きなゼルダ

登場人物、中ボス、大ボス濃密ですし武器も魅力的なのが多い。音楽も素晴らしい。

リメイクされて悪くなったという点はほぼ全くない(人によってはWiiリモコン操作がなくなったのを嫌うかもしれない)作品ですので是非遊んでみてはと思います。

 

 

ただこちらの記事で書いているように初めてのゼルダとしてはやや難易度が高いかもしれないと思っています。

zelda-blog.hatenablog.jp

 

関連記事

zelda-blog.hatenablog.jp

blog.lusaku.jp